【KP】検索ボリューム把握

このエントリーをはてなブックマークに追加

検索キーワードとブログタイトル

ここでは「スマホ」というキーワードを題材に、検索ボリュームについての考え方を説明します。

特定商品名>カテゴリ名の例

通常は、「スマホ」のような特定ジャンルを示すカテゴリ名が、一番の検索ボリュームを持っています。

そして、カテゴリに含まれる各サービスや商品名、事象や対応方法は、閲覧者ニーズによって大小はあっても、そのカテゴリ以上となることは稀です。

しかし、現在の検索エンジンでは、「スマホ」の検索ボリュームよりも、「iphone」が非常に大きい結果となっています。

この結果から、iphoneがスマホというジャンルを超えた、単なる商品名以上の社会現象となり、人々の検索ニーズ高めている事がよくわかります。

iphoneはApple社が提供した携帯電話で、故スティーブ・ジョブズのシンプルで使いやすいというコンセプトの元、世界中の特に日本で驚異的な販売シェアを獲得しました。

このキーワードプランナーの結果から、サイトのカテゴリ設定に「スマホ」と入れるよりも「iphone」と入れる方が閲覧ニーズは高くなるでしょう。

通常カテゴリを狭めると、対象の閲覧ニーズも狭くなってしまう所、逆にカテゴリを絞り込んで、さらに検索ニーズも高くなる良い事例ですね。

類義語でも違う検索ボリューム

また、キーワードプランナーでは、「スマホ」は「スマートフォン」よりも10倍の検索ボリュームであることがわかります。

このように、同じ意味の言葉でも、どちらを選ぶかで検索される機会が大きく違うという良い例ですね。

特に、スマホは3文字、スマートフォンは7文字と半分以下の文字数で省エネにもなります。

文字数が省エネだと、色々と便利でしかも得な事が多いです。

①タイトル等で簡潔に閲覧者に伝えられる

これはタイトルだけでなく、メニューバー文字やリンク説明等、いたるところで便利です。

「スマートフォン」と記載するだけで余計に4文字分が増えて、改行されることで見にくくなるリスクがあるのです。

②タイトル等で簡潔に検索エンジンに伝えられる

検索エンジンのタイトル、説明(ディスクリプション)では検索者に表示できる文字数に上限があります。また、SNSで関連リンクを共有する場合の説明書きでも同じです。

より簡潔で閲覧ニーズが高い言葉を選ぶ事は、ささいな事ですが非常に大事だと言えます。

検索者が検索バーに入力する1点を取っても、「スマホ」「スマートフォン」では倍以上労力が違います。

※ただし、わざとビックワードの競合を避けるという意味で、ロングテールというニーズを少し外れたキーワードを狙う場合には、「スマートフォン」を選ぶ価値があるかもしれないと補足しておきますね。

検索キーワードとブログタイトル

【KP】キーワード広告料

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告ニーズで広告料は高騰

キーワードプランナー表示画面の右の方にある金額は、広告を出した際の、最低額~最高額を表示しています。

この広告は実績払いなので、実際に閲覧者があなたのページを閲覧した場合にだけ費用が発生する良心的な仕組みです。

車の場合、「オークション」や「下取り」といった取引に直結しそうなキーワードが比較的高い金額を付けている事がわかります。

サイトを立ち上げた最初の頃は、どのキーワードが人気か、そして、どのキーワードが収益に連動しやすいかを把握するのに、金額欄も役立つでしょう。

数年たって収益も十分ついてきた頃になると、「ある程度は費用を使わないと結局、税金で大きく持っていかれるだけ」という状況になります。

その時には、有益な費用の使い方として、キーワードプランナー広告があることをぜひ、思い出してください。

検索ボリュームと収益

2019年の始めには、「車」が10万~100万という大きな検索ボリュームがあるにも関わらず、72円~199円の非常に安価な広告設定になっていました。

●キーワード「車」

・検索ボリューム:10万~100万

・広告費用:72円~199円

●キーワード「車 下取り」

・検索ニーズ:1000~1万

・広告費用:999円~2121円

これは、ビックワードであっても、必ずしも商売に結び付くとは限らないという事です。

「車」はレジャー等色々な要素を持つ為に、ビックワードであっても閲覧者ニーズがバラバラ過ぎて、「車 下取り」の方が閲覧者をより絞り込めていることからアフィリエイトサイト運営上はニーズが高いと言えるかもしれません。

※車で検索して来た人がいくら多くても、雑多すぎて上手く自分が希望する方向(例えば下取り等)まで離脱されずに引っ張っていく事が難しいのかもしれませんね。

そう考えると、検索ボリュームは一般の閲覧ニーズの高さの一面を表し広告料金はアフィリエイト競合ライバル状況の一面を表すといえるでしょう。

両方の数値と実際に検索して表示されるサイトを見て、自分がどこで勝負するかを決断する必要があることが分かります。

※広告料金の高さも、アフィリエイト素人が何もわからずに高額で広告を打っただけかもしれません。

それなら、一番目に表示される広告サイトから他のサイトに閲覧者が多く流れる可能性もあり、意外と狙い目のキーワードになります。

検索キーワードとブログタイトル

【KP】ロングテールテーマ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、婚活というテーマで、パーティーや服装という商売になりそうなキーワードに注目して、ロングテールからサイトを盛り上げるためのキーワード選びを説明します。

※ロングテールとは、ヒット商品以外の「ニッチな商品」を大量に取りそろえることで、全体として売り上げを大きくするインターネット販売手法。販売量のグラフが、長いしっぽのような線を描くことから呼び名が付いた。

記事テーマ案

婚活テーマのサイトが成長する過程で、いきなり「婚活」という上位キーワードで1位を目指すのは無謀です。

まずは、ロングテールと呼ばれる「検索ニーズが少ないですが、テーマにしっかり関連がある小さなテーマ」を1つ1つ拾ってページを作り、サイトやドメインのパワーを身に着けてから、ビッグテーマに挑戦する必要があります。

そんな時、「婚活」以外で閲覧者はどんなキーワードで検索しているかな・・・と確認する際に、キーワードプランナーは非常に優秀です。

例えばですが、「婚活」テーマのサイトを作り、勝負服の販売もされている方にとっては、「婚活 服」関連のキーワードは全て記事を書いておく事が必須ですよね。

服装の商材を全く扱っていない方は「自分は関係ないな」と思うかもしれませんが、キーワードプランナーが「婚活」と関連のあるキーワードとして挙げている事を参考に 「婚活 服装」ページを作ってサイト全体の集客を増やすと言う戦略もあるという事ですね。

テーマ選びに便利なツール

おすすめのキーワードを見やすく分類表示してくれたり、ロングテールキーワードを探してくれる便利なツール「キーワードファインダー」というツールもあります。

有料ですが、7日間の体験デモ版も利用できるので、どのようにキーワードを選んでいくべきかを知る上でも、一度、使ってみるのもよいかと思います。

キーワードファインダーのサイトへ

もう1つロングテールキーワードに気づかせてくれるツールとして、OMUSUBIというサイトがあります。

これは自分のテーマが他の単語とどんな風に結びついているかを、ビジュアルでわかりやすく把握できるツールです。

次にどんな記事を書いて、サイトのドメイン力をあげようか悩んだ時には参考になります。

※基本的にはサイトテーマを考える際に10テーマずつ計画的に作る方が、サイト構成的にも良いのですが、どうしても新しい視点で小さなテーマを考えたくなる時がくるので、その際には非常に便利かもしれませんね。

OMUSUBIサイトへ

検索キーワードとブログタイトル

【KP】検索ボリュームと具体化

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトアフィリエイトで閲覧者を集客する時に、大事な視点が2つあります。

1つ目の視点は、より多くの閲覧者の集客

これは、より広く多くの閲覧者を集める事に注力する、ブログアフィリエイトを実施する時にも大事な視点と言えるでしょう。

そして、もう1つの視点は、閲覧者のニーズの絞り込みです。

これは、サイトアフィリエイトにより特定商品・サービスを販売訴求する上で、ある意味多くの閲覧者を集める以上に大事な視点と言えるでしょう。

閲覧者ニーズの絞り込み

まず、最初に抑えておくべきことは、サイトアフィリエイトで大事な2つの視点(「集客」と「閲覧者ニーズの絞り込み」)は相反する場合があるという事です。

そのため、サイトアフィリエイトの場合には、集客の事ばかり考えていると、対象商品について全く興味がない閲覧者ばかりを大量に集める事となり、サイトへの集客は多いのに全く成約に結び付かない(大量の途中離脱)状況に陥ります。

また、結果的に閲覧者に有益とならないページを案内した事で、著しく検索順位を落とされる可能性もあります。

サイトアフィリエイトの場合には、この2つの視点(「集客」と「閲覧者ニーズの絞り込み」)の折り合いをつけながら、閲覧者の成約率を高める必要があります。

そのため、集客だけを考えればよいブログアフィリエイトよりも難易度が高いと言えるかもしれません。

では、集客だけでなく閲覧者ニーズの絞り込みをするためには、どのような検索キーワード選びとなるのでしょうか。

端的に言えば、集客のための「検索ボリューム」よりも、閲覧者ニーズの絞り込みのために「具体化」を優先する事になります。

検索ボリュームより具体化を優先

「格安SIM」という言葉をキーワードプランナーで検索した場合、上から三番目「iphone シムフリー」と四番目「sim フリー」だったとしましょう。

3番目 iphone シムフリー:月間検索ボリューム1000~万

4番目 sim フリー:月間検索ボリューム1万~10万

皆さんなら、どちらの検索キーの組み合わせを選びますか?

iphone シムフリーは検索ボリュームが小さいですが、iphoneに限定した検索者をサイトに連れてきてくれます。

皆さんが作るページの内容がiphone限定の内容なら、いくら検索ボリュームが多くてもsim フリーを選んではいけません。

よくある事例として、三番目のキーの組み合わせで順調に順位を上げていたのに、「より多くの閲覧者をサイトに呼び込もう」として、より広いキーワードに拡大した事で、圏外に落とされ復帰できなくなったというパターンがあります。

確かに、sim フリーは広く集客できそうに見えます。

しかし、閲覧者にとってはむしろ改悪(ニーズに合ってないサイトを見る可能性の上昇)となります。

この点から、検索順位やサイト評価が下がる可能性が高いのです。

閲覧者ニーズの具体化を犠牲にして広く閲覧者を集めたとしても、結局、どこかでサイトアフィリエイトで成約してくれそうな閲覧者に絞り込んで記事を書く作業が必要となります。

これにより、「こんなハズじゃなかった。」と感じる閲覧者が多くなり、 結果的に多くの途中離脱を生んだり、サイトへの信頼性の低下から再アクセス率も低下してサイト評価も下がるという仕組みですね。

「具体化を犠牲にしてまで検索キーを必要以上に広げる事は非常に危険」だと、注意しておきましょう。

自サイトにあった適切な検索キーを選んで、離脱者を少なくするのが、王道で社会的有益性を生むアプローチですね。

検索キーワードとブログタイトル

【KP】関連キーワード確認

このエントリーをはてなブックマークに追加

元の単語が含まれない関連キーワード

コスメと言う言葉でキーワードプランナーを検索すると、まったくコスメという言葉が含まれてない言葉の組み合わせが多く出てくるのに気づくでしょう。

未開拓な分野、テーマ、検索キーワードは、労力の割に検索順位が上がりやすい傾向にあります。

特に元の単語(コスメ)が含まれていないが関連として検索ボリュームが大きい検索キーは、穴場の場合が多く、比較的に攻めやすいと言えます。

※キーワードプランナーを利用されていないアフィリエイターも当然おられるので、その方たちには知られていない検索キーという事になりますね。

キーワードプランナー登録

このような関連キーワードは、中々、頭で考えても思いつきません。

キーワードプランナーを利用して、実際にgoogleで検索されているキーワードやボリュームを確認して、ニーズを正確につかむことが大事です。

一度、自分のサイトの大きなサイトテーマ(コスメ等)をキーワードプランナーで検索してみて、どんな検索キーワードがどのくらいの検索ボリュームで出てくるかみると色々な発見があります。

直近でいくつか記事を更新する際の記事タイトル検討にあたっては、非常に便利なツールなので、ぜひ、登録して使いこなしましょう。

Googleキーワードプランナー利用登録手順

検索キーワードとブログタイトル

検索キーワードとブログテーマ設定

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、googleにより日々、どのようなキーワードで検索されているかを紹介します。

また、ブログで閲覧者ニーズのあるテーマを選ぶ方法も併せてご説明しますね。

キーワードランキング

閲覧者ニーズは、検索エンジンでの検索回数に現れます。

検索エンジンで今どのようなキーワードがどの程度検索されているかを知ることで、競合の多さ等市場動向がわかり戦いやすくなります。

具体的には、自分のサイトを検索ヒットしてもらうのに最適なキーワードは何かを、市場ニーズのボリュームや、競合状況から分析することができるのです。

※調べるには、キーワードごとに広告を出すことができる「Googleキーワードプランナー」サイトへの登録が必要ですが、ここでは、登録前の方にも中身がわかるように少し紹介しますね。

「ダイエット」でGoogleのキーワードランキングを検索した場合、単独のキーワードだけでなく、「運動 ダイエット」のように「運動」と「ダイエット」の間に空白がある2つのワードの組み合わせも上位にいます。

実際に検索エンジンを使う事を想像してみてください。「そう言えば、2つのキーワードを組みあわせて検索することも多いなあ。」と気づかれることでしょう。

月間平均検索ボリューム

キーワードプランナーの月間平均検索ボリュームを見れば、月にどの程度検索されているかが分かります。

さすがに、アフィリエイトでも大人気キーワードの「ダイエット」は10万~100万の検索回数となっています。

このキーワードで1位を取ったサイトは、とんでもない月間アクセス数になっているはずですね。

もし、100万人の検索者の20%が1位サイトを閲覧したとすると、20万人/月のアクセスとなります。

※1位は平均で20%程度のクリック率と言われています。

さらに、そのサイトの各ページの広告クリック率が2%のバナー広告を10個程置いていたとして、googleアドセンス等のクリック広告単価20円/回で試算すると、20万人×0.02×10個×20円=80万円になります。

※他のページへの回遊やSNSからの流入の増加要因や、直帰率による減少要因もあるので、あくまでイメージしやすいための試算です。

ダイエットという1つのキーワードだけで、これだけの破壊力があります。

ただし、このようなビッグワード(大きな検索回数のキーワード)で上位を取るのは、ご承知の通り、至難の業でしょう。

そのため、最初はもっと下位のキーワードの組み合わせから、自分が説明ページを作れるものがないか探してみましょう。

その上で、キーワードの組み合わせにマッチしたブログの「タイトル」「ディスクリプション(説明)設定」「タグ設定」を行うことになります。

競合

キーワードプランナーの「競合」の項目は、対象の言葉が現在どの程度広告ニーズがあるかを表しています。

ただし、この競合状況だけではあくまで参考情報にしかなりません。

というのは、過去に競合が高いキーワードでもあっさり上位に入れる事もあれば、競合が低いキーワードでも全く上位に上がれないものもあるからです。

これは対抗している相手が少数でも強い場合もあれば、多数でも弱い場合もあるということです。

この競合状況を生かすためにも、実際のライバルサイトの出来映えと合わせてみると実際の市場がよくわかります。

※内容によっては、競合しているからこそ、そこに収益性が生まれる面もありますよね。

競合も踏まえて、どのキーワードに取り組むかも、あなたのセンスかもしれませんね。

広告の入札価格

広告の入札価格についても、多くの方が入札希望があれば高くなる意味で、高いほうがサイト構築者側のニーズが高いと言えるでしょう。

競合と同じような面があり、これも一概に低いから攻めやすいとも言えません。

実際に検索して表示される広告サイトが本当に強力なライバルか見極めましょう。

たとえ、広告で一番目に表示されても、内容がスカスカなら閲覧者は10秒程度で離脱します。

高額な広告設定でもスカスカサイトなら他への流動が期待できるので、逆に狙い目と考えるアフィリエイターも多いです。

各ブログのタイトル検討

まずは、一番最初に説明した月間平均検索ボリュームを元にして、狙うべきキーワードの組み合わせを洗いだし、ブログやサイトのタイトル等を決めていくのがスムーズで良いかなと思います。

また、体験共感ブログとノウハウ情報ブログでは、アプローチの優先順位が違う事を説明したと思いますので、以下に具体的な違いを補足しておきましょう。

体験共感のテーマ

①まずは、ご自分の話せる体験を2~3個かき出し、それに関連するキーワード状況を調べてみましょう。

②それぞれ、検索ニーズとして攻めやすそうな検索キーワードの組み合わせを10個程度選びます。

③書き出した検索キーワードの組み合わせを見比べて、一番、自分が話しやすそうな体験を1つ選びます。

④さらに、選んだ体験の10個のキーワードをどの順番に話をするか決めます。

⑤話をする順番が決まったら、その順番通りにブログに落としていき、そのタイトルには必ず検索キーワードの組み合わせワードがすべて入るタイトルにします。

※ただし、同じキーワードが重複設定にならないように気を付けてください。ペナルティの危険があります。

⑥タイトルが決まったら、そのタイトルを補足する説明(ディスクリプション)、タグを設定します。※詳細の設定方法は以下のページで説明しますね。

Gutenbergのタイトル設定

以上が、体験共感ブログのテーマの決め方です。

ノウハウ情報のテーマ

①まず、一番閲覧者の反応が良さそうなノウハウや情報を、Googleキーワードプランナーを使って、調べまくります。

少なくとも1時間以上はかけて、関連ある検索キーワードのグループを10個は選びましょう。

(例)「格安SIM おすすめ」「格安SIM 値段」「格安SIM 登録方法」・・・等、10個のグループは同じ「格安SIM」という内容でまとめられるような関連グループを見つけましょう。

必ずしも、キーワードの1つを同じ名称にする必要はありませんが、10個のグループがある程度の密接な関連は必要です。

※格安SIMの検索キーワード順位ランキング状況は、下記リンク参照。

ノウハウ情報の場合の選ぶポイントは、自分の話しやすさよりも、単純に月間平均検索ボリュームを見て選ぶ方がよいかもしれません。

②選んだキーワードの組み合わせを、それぞれインターネットでサラッと実際に検索して、ライバルがどんな事を書いているか見てみます。

③ライバルサイトを20サイト程見た後、「この説明が必要なハズだけど、どこにも掲載してないな」という点に気づいたら、それを図書館などを活用して専門書で徹底的に調べてパソコンの前に集めます。

※これがあなたオリジナルのキラーコンテンツになり、社会的有益性を生み、他のサイトと一味違う点(あなたのウリ)になります。

④ここで「社会的に有益性・・・」とつぶやきながら目を閉じて、あなたが文献の力を借りて、ほぼ日本一の専門家になった事例について、思い浮かべましょう。

⑤そして、「誰が」「どんな場面で」「いつ」「どう困るか」を整理して、事前に「何を」「どのようにすれば」「その問題を解決できるか」さらに、「もし、問題が起きてしまった後の対処方法」についても、併せて整理しましょう。

⑥次に、それを幼稚園の子供でもわかるように「できるだけわかりやすく」、「整理された順番に」ブログに入力していきます。

※キラーコンテンツが書けた後は、それに関連するコンテンツとして他のライバルサイトが触れている事を載せてもOKです。

ただし、ライバルサイトが正しいとは限りません。必ず、自分の目で専門文献などを見て記事にしていきましょう。(恐らく、驚くほど世のブログがいいかげんであることに気づくでしょう。)

⑦あとは、体験共感ブログと同様に、検索キーワードの組み合わせを「タイトル」「説明」「タグ」に落とし込んでいくだけです。

Gutenbergのタイトル設定

人気の検索キーワード紹介

では、いくつか主要なキーワードを元に、検索キーワードの選定ノウハウについて補足しておきますので、一通り見て市場調査に慣れておきましょう。

検索キーワード(コスメ)を題材に関連キーワードを説明

検索キーワード(格安SIM)を題材にテーマの具体化を説明

検索キーワード(婚活)を題材にロングテールテーマを説明

検索キーワード(車)を題材に広告料の見かたを説明

検索キーワード(スマホ)を題材に検索ボリュームを説明

上記のノウハウを見るだけでも、キーワードプランナーの機能が非常に役に立つ事が良くわかると思います。

最終的に自分でブログ等のタイトルを作る際には、料金が発生しないように気をつかう必要はあるとしても、やはり、Googleキーワードプランナーに正規に登録して、色々なキーワードを調べることをお勧めしておきますね。

Googleキーワードプランナー利用登録手順

キーワードプランナーを参考に適切なキーワードを見つけた後には、以下のサイトの説明に沿って、実際にアフィリエイトサイトを作ってみましょう。

アフィリエイトの始め方

サイトの検索順位を簡単に把握できるツールを、以下のページで説明しています。

検索順位把握ツールGRC