3.WordPress設定

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは世界中のアフィリエイターで一番利用されている無料サイト作成ツール「WordPress」について、以下の3つ手順で設定を行います。

WordPressインストール

①ヘテムルサーバHPにアクセスします

 ⇒ ヘテムルログイン

 ※既にログインしていれば、①②は読み飛ばしてOKです。

②上画面のログインページで、ヘテムルIDとパスワードを入力します。

※ログインID、PWは以前に確認した通りです。

③ログイン後、上の画面右側の「簡単インストール」を押す

④簡単インストール画面の上(大抵一番上)の「WordPressX.X.X」の「インストール画面へ進む」を押す

⑤上のWordPressインストール画面が出るので、以下のように入力します。

⑥インストール先URLの前部分

※前の手順でヘテムルサーバに設定した独自ドメインをリストボックスから選びます。

※ヘテムルの無料ドメインもありますが、将来の収益性から取得した独自ドメインを必ず選んでください。(無料で付いているドメインは検証用等に使いましょう。)

⑦インストール先URLの後ろ部分

ここは空欄でOKです。

※所説ありますが、ここは少しでもリスクなく簡単にインストールできる方法を選択しましょう。

⑧データベースは「自動作成」のままでOKです。

※簡単インストールの醍醐味である、自動DB環境設定を存分に活用します。

⑨サイトのタイトル

※後で簡単に変更できるので、簡単インストールの今は効率化のため悩まずに設定しましょう。

⑩ユーザ名・パスワードの設定

※パスワードは「確認のための再入力」にも同じものを入れます。

⑪メールアドレスの登録

⑫プライバシー欄

「 検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」には必ずチェックを入れましょう。

<補足説明:読み飛ばし可>

※後で紹介しますが、検索エンジンは常時いろいろなサイトをランダムに訪問(クロール)しています。そのため自分のサイトがまだ作りかけやメンテナンス中なのにクロールされると、検索エンジンは「サイトとしてリンク切れなどの不備が目立つサイトだ」と勝手に判断して、下位に表示させます。このチェックはある程度サイトの準備ができるまでクロールさせないようにするためのものです。(厳密には検索エンジンの詳細仕様が公開されていないので、裏でクロールしている可能性が高いですが、少なくとも「今は準備中ですよ。」としているかどうかで検索エンジン側の事を配慮する姿勢は見せられるでしょう。)

⑬上記画面の「インストール」を押す。

※一般的なパソコンでは1分以内でインストールが完了します。

⑭インストール完了画面で、みなさま専用のWordPress画面へのリンクが表示されますので、URLをコピーやブックマークで必ず保管しておきましょう。

※このURLは、皆様の独自サイトでブログ作成などをするために、頻繁に使う仕事場になります。

WordPressを最新の5.0へ!

①WordPressの歴史的大改革とチャンス(読み飛ばして②から実施でも可)

2018年12月。全世界アフィリエイターに一番利用されているWordPressが、大改革されました。

これまで4.X.Xバージョンを利用されていた方は既に作り上げたアフィリエイトサイトを大工事する必要があるので非常に衝撃的な一大事でしたが、これからアフィリエイトサイトを立ち上げる皆様には10年に一度の大チャンスとも言えます。

このチャンスを生かすためにも、ここまで私の説明にお付き合い頂いた皆様は、必ず5.X.Xにバージョンアップしておきましょう。

※将来のことは誰にもわかりませんが、最初から5.X.Xにバージョンアップする選択を説明に取り入れることが皆様への最大のプレゼントのつもりです。

※WordPress5.0に批判的な記事もありますが、既存のWordPress4.X.X利用者が大改革の手間に対して不満を持っているだけで、今後は全てが5.Xをベースに置き換わる事は確実です。最初から5.Xで始められる皆様は、非常に有利で4.X.Xから抜けきれない方が多い今が最大のチャンスです。

②WordPressサイトにアクセス

 ※上記で保管したWordPress(仕事場)のURLにアクセスします。

③WordPressのインストールバージョンが4.X.Xの場合、上段の「今すぐ更新してください。」のメッセージ出ていると思います。「今すぐ更新」を押して5.X.Xに更新しましょう。

④更新ページでは既に日本語版が選べますので、日本語版のリンクを押して更新します。(更新も1分ほどです。)

⑤上の画面上段に「今すぐ更新してください」赤色メッセージがなくなれば完了です。非常に簡単ですね。

WordPress確認と初期設定

WordPressの強力なブログ作成支援・検索エンジン対策機能を、正しく使うためにも幾つかの初期設定が必要ですので最初にやっておきましょう。

※本来は色々と調べて試行錯誤して作り上げるものですが、この一本道サイトで推奨の設定方法をまとめてますので、自分でカスタマイズするスキルが得られるまで、まずはこの設定方法で使えるところまでたどり着きましょう。

①テーマの選択 「Twenty Fifteen」

 左側メニューの「外観」⇒「テーマ」を選べます。

※右側に4つほどデフォルトテーマが出てくると思います。

※テーマは星の数ほどありますが、WordPress5.0での動作保証、汎用性を考慮してデフォルトテーマの中から「Twenty Fifteen」を選択します。

※他のテーマでも悪くありませんが、多少時間がかかる設定が必要になったりするので、カスタマイズできるスキルができるまでは構築を早く完了することを主眼に、このテーマで説明しますね。

② まずは「Twenty Fifteen」 テーマの上の方に「新しいバージョンが利用できます。今すぐ更新」と出ていると思うので、「今すぐ更新」を押して最新化してください。(更新はすぐに終わります。)

③続いて 「Twenty Fifteen」 テーマの下の方に「有効化」を押します。

④Twenty Fifteenが有効化されたら、「カスタマイズ」ボタンを押します。

※テーマはコンテンツの中身ではなく、コンテンツをどう良く見せるかというデザイン面の設定ソフトと考えてくださいね。以下、主な項目をご紹介するので、あとはご自身で楽しんでください。ただし、元に戻せなくならないように、最初は何を変更したか記録しておくと便利です。

⑤左側メニューの「サイト基本情報」を押す

⑥「ロゴを変更」を押すと、ファイルをアップロードする画面になります。

※ロゴファイルは248×248ピクセルが推奨ですが、面倒なら最初は適当に写真を選んで貼り付けて、どう変わるか楽しみながら見てみましょう。

⑦次にサイトのタイトルを自分の好きなものに変更します。

※ロゴと同じく、今はどこがどう反映するかだけ確かめましょう後でどんなサイトを作るかを考えてから、最終的に変更すればOKです。

※キャッチフレーズは空欄でOKです。

※サイトアイコンも、ロゴと同じようにアップロードしましょう。

⑧以上で「サイトの基本情報」の設定は終わりなので、スクロールで上にもどってから、「サイトの基本情報」の左側の「<」(戻るボタン)を押しましょう。

⑨次は「色」の設定を選びましょう。(参考なので読み飛ばしOK)

 ベース配色:一括で配色設定をお好みに変更できます。

 背景色:右側メインページ枠の色の微調整ができます。

 ヘッダー・テキスト色:左画面のテキストの色の調整ができます。

 ヘッダー・サイドバー背景色:左画面の背景色の調整ができます。

※全体的にどんなサイトに変化するか、イメージを持つことで構想が膨らみやすく、後々の理解も早いです。

では、次から本格的に設定していくので、色の設定も「<」で戻ります。

⑩ここまでの変更を「公開」ボタンで確定させてから、左上の「×」を押してください。

 ※これで「外観」⇒「テーマの設定」画面から、最初の画面に戻ります。

⑪左側メニュー「設定」⇒「一般」を選びます。

・WordPress アドレス (URL) :

 http://xxxx.com/ のhttpの後ろに「s」を追加

・サイトアドレス (URL) :

 http://xxxx.com/のhttpの後ろに「s」を追加

・後の項目は変更不要なので、最下段の「変更を保存」を押す

※ただし、前述の通り、サイトのタイトルはSEO対策上も大切です。どんなサイト内容にするかしっかり考えてから、そのコンテンツ内容が相手に伝わる簡潔な名称に変更しましょう。

⑫「設定」⇒「パーマリンク設定」を押す

「数字ベース」を選んで、最下段の「変更を保存」を押す。

これで主な初期設定は終わりです。

一度、「https://あなたのドメイン名」にPCやスマホでアクセスしてください。まだ、テストサイトですが、あなただけの独自サイト環境がひとまず出来上がりました。

これで「アフィリサイト構築」の主要部分は終了です。

サイトが器ができたら、次はコンテンツを作ってみたいですよね。

今回設定した最新のWordPressには、10年ぶりに革命的なバージョンアップを果たしたGutenbergというWEBページ制作機能が備わっています。

直感的な操作でWEBページを作れますので、以下のページに進んであなたのオリジナル有益コンテンツを作っていきましょう。

Gutenbergコンテンツ作成方法

最後に、閲覧者から多くコメントを頂いていた「自宅にネット環境がなく、スマホの画面では小さいので、お勧め方法ありませんか?」という相談に対して、下にまとめて回答しておきますね。

必要な方は参考にしてください。

便利なモバイルWiFiルータ

相談の中で何名かが検討されていたとおり、自宅の外でも使えるモバイルWiFiルータがかなり便利です。

以下のリンクから、GMOグループ提供の安価高機能モバイルWiFiルータを選ぶのが、キャッシュバックなどもありお得かつ安心です。

工事不要のモバイルWiFiルータ

自宅の外でも使えるという事は、「工事不要」、「設置配線不要」、「届いた即日利用可能」という事で、導入も非常に簡単です。

自宅に固定回線をお持ちの方でも高額な固定回線をやめて、モバイルWiFiルータに変更し、自宅内外で便利にパソコン・タブレット・スマホを使う方も増えていますので、ぜひ参考にしてください。


2.独自ドメイン登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、以下の3つの手順で独自ドメインを設定します。

ムームードメインへログイン

まずは、「.com」ドメインに強いムームードメインサイトにアクセスしましょう。

①ムームードメインへアクセス

ムームードメインHP

まずは、上記のムームードメインサイトへアクセスしましょう。

②希望するドメイン名を検索

「欲しいドメインを入力」欄に希望するドメインを入力して検索してみましょう。もし、すでに他の人に使われていると・・・

利用済みの場合には 上の画像の右欄のように、「取得できません」と表示されます。

費用は表示の通り、年間で900円(税別)程度です。

※いろいろなドメインがありますが、ここでは昔も今も将来も有望な「.com」を強くお勧めします。

誰も使っていないドメインの場合、緑色の「カートに追加」ボタンが現れます。

上の画面の右側の「カートに追加」を押してください。

※ドメイン名をどんな名前にするかは本人のセンスなので、お任せするしかないですが、自分がトライするサイトのテーマに近い名前を選ぶ方がいいですね。

※補足として、最近は日本語のドメインも取れますが、メリット・デメリット所説ありますので、こちらも本人のセンスでご選択願います。

上画面のように「カートに追加しました」と表示されますので、「お申し込みへ」を押しましょう。

③ムームードメイン申し込み

・以下のような、お申し込み画面表示されます。

・ムームーIDをお持ちでないと思うので、「新規登録する」を押す

・ムームーID欄にご自分のメールアドレスを入力し、パスワード欄に任意のパスワードを入力して、「利用規約に同意して本人確認へ」を押す

・ヘテムルサーバと同様に携帯電話番号を入力して、「認証コードを送信する」を押す

・入力した携帯電話番号にSMSで届いた認証コードを入力し、「本人確認をして登録する。」を押す

・以上でムームードメインHPにログインできますので、画面の指示に従って、契約年数とお支払い設定をして完了です。

※ヘテムルサーバの時と同様に、契約年数は1年、お支払いは一般的なクレジットカード払いでよいと思います。

④WHOIS情報代理公開の登録方法

ームードメインWHOIS設定

この点は細かい説明のある上記リンク先の詳細画面説明がわかりやすいので、見ながら各情報を登録ください。

ブログを資産化するためとはいえドメイン所有者として自分の情報を公開したくないですよね。

この点でもインターネット業界で日本最大手のGMOグループ会社に無料で代理公開してもらえるので安心できます。

自分の情報は公開せず、しっかりとWHOIS代理公開設定をしましょう。

⑤メールアドレス有効化確認

ムームーIDで登録したメールアドレス宛に「verification-noreply@onamae.com」よりドメイン登録者としてのメールアドレス有効性確認が届きます。メールが届いたらすぐにメール本文の登録リンクにアクセスして、メールアドレス有効性確認を終わらせましょう。

確認作業は数秒で終わりますが、2週間後とかにすると確認期間が終了してしまい手間が増えますので注意してくださいね。

ドメインをレンタルサーバ設定

①再度ヘテムルサーバHPへ

ムームードメインで取得した独自ドメインを、ヘテムルレンタルサーバに登録するために、再度ヘテムルサーバHPへアクセスしましょう。

ヘテムルサイト

 ※ログインID、PWは以前に保管した通りです。

・上の画面右メニューの「ドメイン・メール設定」を押す

②独自ドメイン設定

上の画面で「独自ドメインを設定する」を押す

・ムームードメインで取得したドメイン名(XXXX.com)を「XXXX」と「com」に分けて入力し、その下の公開フォルダはドメイン名と同じ名前「
XXXX.com 」を入力して、「独自ドメインをチェックする」を押す

・「入力したドメインは、ヘテムルに設定可能です。」というメッセージが出たら、「独自ドメインを登録する」を押します。

※これでレンタルサーバに独自ドメインの登録が完了しますが、同じ画面で引き続き以下の独自SSL設定をしておきましょう。

無料独自SSLサーバ設定

SSLという聞きなれない言葉が出てきましたが、大丈夫です。

あなたの作るサイトと、それを見る閲覧者の間の情報のやり取りを暗号化するための設定です。

ヘテムルサーバは無料でSSLが利用できるので、必ず設定しましょう。

①追加したドメイン名の右の「詳細を見る」⇒「設定変更」を押す

②「無料独自SSLを設定する」の□にチェックを入れて、「変更する」を押す

③「処理を実行してよろしいですか?」と表示されたら「OK」を押す

以上で、無料独自SSLの設定は完了です。

※やってみると全て簡単な作業の繰り返しですが、気が付けば、既に大きな山を2つ超えましたよ。次はいよいよ最後の山(WordPress)です。最後までやり切りましょう。

3.WordPressインストール設定へ

以下のリンクは、ムームードメインサービスの必要性について説明しています。迷っている方は参考にしてくださいね。

ムームードメインを使う理由

1.レンタルサーバ登録

癒されるポトスの鉢植えの画像。焦らずサイトを作り上げよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、ヘテムルサーバーとムームードメインでサイト構築する具体的手順を、画面遷移をつけて説明します。

◎ヘテムルサイトログイン
◎レンタルサーバ設定

レンタルサーバ登録は、上の2つの作業だけです。

※以下のリンクページでレンタルサーバの必要性やヘテムルサーバを選んだ理由を説明しているので、確認したい方は参考にしてください。

レンタルサーバの必要性

ヘテムルサイトにログイン

①ヘテムルHPにアクセス

まずは、ヘテムルサイトにアクセスしましょう。

ヘテムルHP

※別ウィンドウで立ち上がりますので、このサイトの流れを見ながら、別ウィンドウで登録作業を進める事が可能です。

ヘテムルHPのTOP画面

アクセスすると、上記のサイトが表示されると思います。

②「簡単登録でお申し込み」

・薄い緑色の「簡単登録でお申し込み」のボタンを押しましょう。

ヘテムルログイン簡単登録画面

・以下のように項目を入力して、「規約に同意して本人確認へ」を押す

●ヘテムルドメイン:ヘテムルが提供する初期サイトURLです。
他の方に使われていない3文字以上15文字以下 の文字を入力します。 別途、企業名のない独自ドメインを設定するので、これはテスト環境としてしか使いません。ですのであまり悩まずに命名しましょう。

●ヘテムルID:ヘテムルサイトにログインするためのIDです。管理の効率化のため、上記のヘテムルドメインと同じで問題なし。

●パスワード: ヘテムルサイトにログインするためのパスワードです。
6文字以上32文字以下の英数字を入力

●メールアドレス:入力したメールアドレスにヘテムルから更新のお知らせや重要な情報が送られてきます。

※言うまでもないですが、規約の同意は各自でご判断下さいね。

※上記の契約情報は、何度も再利用するのでパスワード付きの電子ファイルや写真などで記録しておくことをお勧めします。以後、紹介するサービスの契約情報(IDやパスワード等)は全て同様です。

③電話番号認証

電話番号SMS認証画面

いたずら防止のための携帯電話での本人確認(数秒で完了返信あり)です。

・スマホの携帯電話番号を入力して、「認証コードを送信する」を押す

・入力した携帯電話番号にSMSで届いた番号4ケタを、ヘテムルHPの「認証コード」欄に入力

・「お申し込みが完了しました!」とメッセージが出ますので、名前などのご契約者情報を入力していきます。

※このように自分の情報の入力が必要なのですが、ヘテムルサーバの運営会社は日本のインターネットインフラを構築した業界最大手の会社(GMOグループ)なので安心です。

レンタルサーバ設定

レンタルサーバ設定手順の流れを説明する画面

登録の流れは以下の5画面です。

※5つ目は完了画面なので実質4手順ですね。

①ご契約者情報入力

※ヘテムルさんとはこれから長期にアフィリ収益を上げるパートナーになりますので、適切に入力しましょう。ただし、「任意」項目は効率化してOKです。

②プラン選択

※プランはベーシックプランで問題なしです。

※詳細はサイトの画面で確認頂くとして、2018年12月20日時点の費用を参考に書いておきます。初期費用2,000円(税別・初月のみ)と毎月900円(税別・1年分一括払い)です。日割りもあり、大手だけあって良心的な費用と思います。

③ご契約期間選択

※期間は1年でいいでしょう。3年間分一括払いすれば毎月800円(税別)となりますが 、そんなに安くなるわけでもないので、ある程度コンテンツができてからでも遅くはありません。(収益が安定して上がり始めれば、そもそもレンタルサーバ費用など全く気にならなくなるでしょうし。)

④お支払い方法選択

 ※お支払い方法は、クレジットカード払いが簡潔でいいでしょう。

⑤お支払い完了

ここまでくれば、一旦はレンタルサーバサイトでの作業は終了です。

※独自ドメインを取得してから、またヘテムルサイトに戻ってきますので、覚えている今のうちに、ヘテムルサイトに再度、ログインできるかを試しておいてくださいね。

では、次の手順の独自ドメイン登録に進みましょう。

2.独自ドメイン登録へ進む