SEOの考え方(必読)

このエントリーをはてなブックマークに追加

1ページでも自分のコンテンツ(ブログやサイト)を作ると、自分のページへのアクセスがどの程度あるのか気になりますよね。

ここでは、過去の経験とデモサイトの実証実験を踏まえて、何のためにどの程度のSEO対策をどうやって実施していくべきか、基本的な考えを整理して書きます。

そして、最終的には検索順位1位を獲得する有益コンテンツを目指しましょう。

まずは、SEO対策の意義について確認しましょう。

SEOの意義

SEOとは「 検索エンジン最適化 」の事です。

SEO対策をわかりやすく言うと、「自分のサイトが検索エンジンにどう評価されているかを確認して、より適切で社会的に有益なコンテンツだと評価されるように改善すること」です。

検索エンジンの評価は、アフィリエイト等の運営に大きく影響します。

①現在のネット社会では、まず、Google等の検索エンジンを介して有益なコンテンツにたどり着く事が主な行動パターンとなっている。

②Google上の検索エンジンで上位に表示されることで、自サイトへのアクセス数は爆発的に増加し、逆に下位に表示されることでライバルサイトに潜在的なニーズや閲覧者を奪われる。

自サイトへのアクセス数の増減により、自サイトを経由して商品やサービスを購入する機会も増減し、アフィリエイト上の収益に大きく影響する。

SEO対策を実施する意義は、自分のサイトを上位表示させる事でアフィリエイト収益を安定させ、あなたの有意義な自己実現生活を支えることと言えます。

ただし、一過性のSEO対策では意味がなく、逆に信頼を失う危険があります。

一過性の対策に手を染めない

確かに、短期的な収益を上げるためだけなら、様々な「ブラック」と言われる手法で検索エンジンの上位に押し上げる事はできます。

しかし、そんな一過性の方法で上位表示されても、市場や閲覧者を長くだますことはできません。

あなたのサイトには、年金をもらう時期から十分余生を楽しんで生涯を全うするまでの長期にあたって、あなたを支えてもらわなくてはなりません。

そのためにも、自分の有意義な生活を支えてくれる有益コンテンツを、簡単に「ブラック」に染めてはいけません。

ホワイトハットのSEO対策

自分が本当の意味での自己実現をするためにも、長らく安定した収益を得るためにも、自分のコンテンツは社会的に本当に有益である事が大事です。

改善点があれば時間がかかっても閲覧者のために直せばよく、改善せずに無理やり上位表示をしようとするような変な努力はやめましょう。

※近江商人の三方良しの考え方(参考)

 売り手良し、買い手良し、世間良しが長らく支持される商売の極意

では、どうすべきか。それを説明する前に、SEO対策の隠れた役割と、その素晴らしい社会的な精神をお伝えしましょう。

検索エンジン最適化の隠れた役割

本来はもっとクローズアップされるべきなのですが、残念ながら今の日本では「早く大きく稼ぐ」という成果主義が強すぎて、この説明をしているサイトがほとんどありません。(確かに、すぐお金にはなりにくいですね。)

そもそも、SEOは何のために生まれたのか、Google等の検索エンジンは何を重視して検索結果を上位表示しているのかに興味を持つことで、小手先の対策よりも長期にサイト収益を得る事ができます。

あなたが既に十分な資産と有意義な生活が約束された人格者、もしくは神様(いるとして)になったと強く想像してみてください。そこで、全世界のインターネット検索エンジンの順位を好きに変更できるとなった時に、どんなサイトを上位に上げますか?(だめですよ。自分のサイト名を思い浮かべては^ ^)

それを強く想像できれば、検索エンジンは「閲覧者のために①見やすくて②有益で③人気のあるサイト」を上位表示させている事に納得されるでしょう。

検索エンジンがなぜ自分のサイトを低評価するのかわからん!と怒りたくなる時は、Googleも「まずは閲覧者のため」という社会的精神を最優先に行動している事を思い出してください。

※yahooもGoogleの検索エンジン仕様を参考にしていると言われています。

この1点をわかっているだけで、後は応用です。「少しでも閲覧者のためになるコンテンツにしよう」と真摯に自分の有益コンテンツを改良していくことで、細かいSEO技術を知らなくても、自然と検索エンジン上位にあなたのサイトが押し上げられていくでしょう。

これが、技術的なSEO対策を私が最低限の説明としている理由です。

<方向性の再確認>

まずは閲覧者のためになっているか考える。

その上で、①見やすさに問題はないか、②本当に有益な内容か、③多くの閲覧者が見たいと思うようなニーズがあるかを考えてみましょう。

<参考情報>Googleの検索アルゴリズムの仕組み

もし、ここまでの説明に納得ができれば、Googleが公開している上記の検索アルゴリズム説明を楽しく読み進めると思います。

沢山の重要な事が書いてますが、今みなさんにお伝えしたい「有益なページのランキング」だけ簡単に要約説明しますね。

Google有益ページのランキング

Googleでは、検索する閲覧者が求めるページに早くたどり着くために、主に以下の要素をチェックしています。

① コンテンツの新しさ

 ※何年も更新がされていないページ群でないか

②検索キーワードが出現する回数

 ※閲覧者の求める内容に近いページか(ただし、無意味にキーワードの羅列があればブラック認定されて一気に評価を落とすでしょう。)

③ページのユーザー エクスペリエンスの質(重要!)

 ※特に閲覧体験の質には、デザイン見やすさわかりやすさ丁寧な対応か内容の充実さ等幅広くの要素が含まれるので、ここは最重要です。

④他の著名なウェブサイトがそのページにリンク

 ※いわゆる被リンクと言われるものですが、だからと言って著名人に頼んで自サイトにリンクを貼ってもらう方法を私はお勧めしません。上記の③をしっかり改善することで、あなたのサイト自体が有益なコンテンツになれば、あなたのコンテンツ間リンク自体で自然と高評価になります。

 ※被リンクで評価が実力以上に上がってしまったサイトは、それに甘んじて必要な改善をせず、それにより閲覧者から高評価されるはずだった機会を失う悪循環の仕組みになる事を理解しましょう。大事なのは評価でなく、改善することで実際に有益になる事です。

以上の基本的なスタンスがあれば、多数のSEO対策サイトで「どれを採用してどれを採用すべきでないか」自分の中で方針の柱ができると思います。

その上で、私がお勧めするSEO対策項目は以下のページで順次説明しますね。

SEOstep1(サイトの改善手順)


投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す