学生のアフィリエイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

無理にはお勧めしない人

若い時代には 2つの意味「あえて」独自サイト構築まで踏み込んで、大成功しなくてもいいと思います。(後で、お勧めする方もいますが。)

一般的なブログサービスで、どんな世界かを理解する事で十分かもしれません。

この文章だけでは、今までの言葉を否定するように聞こえるかもしれませんね。でも、そうではありません。

独自のアフィリエイト構築が高収益になりやすいからこそ、「あえて」と書きました。

1つ目の理由は「それぞれの時代の人生を歩んで経験することが、これからあなたが作り上げる有益なコンテンツに、幅や深みを与えるため」です。

誤解をおそれずに言えば、中学生としての失敗、高校生としての失敗、大学生としての失敗。これこそが、本当のあなたの財産で、将来をつなぐ架け橋だと思います。

成功ではありません。失敗が「悔しさ」「涙」という自分の本音を引き出し、「強い反発心」「どうしたら成功したかというノウハウ」を生みます。

「親の引いたレールで何もせずに成功したから、どうやれば成功するか何も伝えられません。ごめんねー。」という人は腹が立つだけで、妬みや恨みの対象にはなりますが、ここから万人受けする有益なコンテンツを作るのは難しいでしょう。(不可能ではありませんが。)

2つ目は、「若くして成功した人が必ずしも幸せではない。」という事です。

もし、今、200億円をあなたが手にしてしまった人なら、私はあなたに何かを伝える権利も能力もない人になってしまい、遠慮してあなたと関わり合いを持とうとはしないでしょう。それは私だけではないかもしれません。

これから、あなたが出会う人も変わっていくかもしれません。

本当の意味であなたが出会って欲しい人(優しくて、思いやりがあって、あなたの事を大事にしてくれそうな人)は、若くして大金持ちのあなたを見ても、遠慮して道を避けるかもしれません。※大金持ちの人はオーラで遠くからでもわかります。

逆に、あなたが出会って欲しくない人(ずるくて、少しでも大金持ちにすりよって恩恵を得ようとだけする人)は、沢山寄ってきます。

このことから、今から早めに成功者の一員になる道だけを全力で駆け上がらなくてもよいかなと感じるからです。

お勧めしたい人

それでもお勧めしたい方はいます。

前述しましたが、日本という社会が、中学・高校・大学の学校生活・部活・サークル・ゼミという全てで「一度でも失敗すると全く信頼されず、やりなおしにくい世の中」のため、普通にそれぞれの時代を生きても、全く面白くなく、興味もなく、やりがいも感じられいという人たちも出てきてしまいます。

もっと言えば、引きこもったり、全てを無にしたい人もいるでしょう。

そんな、全てに疲れ切ってしまった人、真面目に頑張りすぎても裏切られ続けてリタイヤしたい人であれば、若くてもぜひ挑戦してほしいと思います。

ただし、成功したとしても、前述のリスクがあることはご了承くださいね。

すぐに、独自のアフィリエイトサイトを構築したい人は、最短、1時間弱で独自サイト構築までできる、以下のリンク先へどうぞ。

長期収益サイトによる自己実現

自分を客観的な視点で大事に見てくれる人

もし、あなたが「独自のアフィリエイトサイト構築」に踏み出す必要がある方として、まず最初に汗をかく必要があるのが、親に自分の情熱を本気で説明することです。

多くの若い起業希望者がぶち当たり、淘汰される最大の壁がここです。

親と仲が悪い。親が理解ある人でない。・・・という一般的・平均的な親像から自分の親が違うという点があったとしても、この壁を越えなければ挑戦できないという点に変わりはありません。

※こういった若者の親を見る見方は勘違いもあるだろうと思いますが、若い時代には私自身ガンとして受け入れられなかった経験があるので、それは置いておきましょう。

あなたが、本気で独自のアフィリエイトサイト構築に挑戦したいなら、あなたが今生きている時代での不運・不幸を払拭して、人生にヤリガイを取り戻すと、真正面から親を説得しましょう。

よく「自分の一番身近な親さえも説得できないなら、世界を相手に挑戦するにはまだ早い。」という言葉がありますが、私はこの言葉はあまり好きではありません。というのは、親が自分の反対勢力になっている事が前提だからです。

良くも悪くも、法律上も、親は運命共同体です。

あなたが親にどんなに酷いことをされていたとしても、先に進むためには冷静にこの事実を認識しましょう。

親はあなたに意地悪をするために、働いて稼いだお金を家屋や食事に使っているわけではありません。あなたが幸せになる方向に行くのであれば、そして、あなたが真剣に話をしているのであれば、必ずわかってくれます。あなたにとってだけでなく、親にとっても運命共同体なのです。

だからこそ、自分に関わりのあるあなたが、社会から簡単に騙されないように知識という武器や、信頼されることで仕事を任されやすい学歴という武器を身に着けさせたいと思うのです。

多少の方向の間違いはあっても、親の行動心理の基本はそれほど忌み嫌うほど酷いものではありません。

そして、働きながら会社などを起業するということがどんなに苦しいことか理解している親なら、「学生時代に起業しておけばよかった」と思っている人も多いはずです。

そんな時、運命共同体の子供が自分の代わりに独自のアフィリエイトサイトを構築したいと言えば、正直メリットしかありません。

一般的に子供の養育費は、生活費・学費全て含めて、最低1500万円から多ければ3000万円以上かかります。少しはその足しにと思う親も多いでしょう。

それでも、二の足を踏むのは、私が最初に書いた通り、「若くして成功することが必ずしも幸せとは言えない」という点です。

「そこまでするほど、あなたの今の窮状がひどいものではないのではないか」と客観的にあなたの事を見てブレーキをかけてくれている、とまずは好意的に理解しましょう。(そうでないと、喧嘩ごしになって話もできないか、途中であなた自身が正々堂々と説明できなくなります。)

総合すると、親は「自分を客観的な視点で大事に見てくれる人」と言えます。

もし、その親が反対するとすれば、あなた自身の情熱が足りないか、正々堂々と真正面から礼儀をもって親に説明していないか、あなたの今の窮状とこれからやろうとする事をわかりやすく説明ができていないかのいずれかかと思います。

不運にも若くして人生をリタイヤしそうな(もしくは無意味に時間だけが浪費しそうな)子供が情熱とヤリガイをもって再度立ち上がろうとする時に、意地悪で邪魔をする親も少ないでしょう。

有益コンテンツを生む重要ポイント

ちなみに、前述文章内の

①情熱をかけて

②正々堂々と真正面から礼儀をもって

③わかりやすく説明する

これらは、独自サイトを構築した後、あなたが世界に有益なコンテンツを作り続けていく際に、もっとも重要な点です。

今回、親を説得して大きな壁を越えた後も、忘れてしまうのではなく、今回の経験の一つとして、財産にしてくださいね。

〇〇時代も大事に

最後に、おそらく親は「本当にやりがいをもってあなたが「笑顔」で〇〇時代を過ごせるなら、少し早く挑戦してもいいけど・・・〇〇時代も大事にしてね。」と言うでしょう。

これはつまり、「独自のアフィリエイトサイト構築を了承して、OFFスペース(あなたの安全地帯)の場を1つ増やしてあげるけど、今しか経験できないONスペース(学校等)もちゃんと経験して、充実した〇〇時代だったと後から言えるようにしてね。」という事です。

ここでは、「独自のアフィリエイトサイト構築で十分だからそんなの知らない」と言って運命共同体を不安にさせても、何の得にもなりません。感情で人生で一番のチャンスをフイにするのは絶対やめましょう。

嘘でも「わかった。今の〇〇時代もちゃんと経験して、笑顔ですごせるようになるよ。」と最後まで礼儀をもって言ってください。今まで喧嘩しかしていなかったり、まともに会話していなかった親であれば、この一言を礼儀をもっていうだけで、「今回の判断は間違いなかった」「既に子供は変わった(成長した)」と確信するでしょう。

そして、今の劣悪な〇〇時代を後で振り返ることができるようになったら(PTSDになるようなら、まだ駄目です。)、それを客観的に分析して、有益なコンテンツとして書き上げて、「将来成功するが、今は〇〇時代に苦しんで挫折しかけている未来のクリエーター」のために提供してあげてくださいね。

そのコンテンツ1つ1つこそ、あなたが社会から真に必要とされる証しです。

学生卒業後のアフィリエイト

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す