小遣い稼ぎとアフィリエイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ネットでの小遣い稼ぎ」が「アフィリエイト」とどう違うかについてよく聞かれるので、概要説明と付き合い方を簡単に説明しておきますね。

ネット小遣い稼ぎの仕組み

有名なのが「もっぴー」や「げん玉」等の小遣い稼ぎサイトですね。

ネットの小遣い稼ぎの仕組みは色々ありますが大まかに言えば、以下の通りです。

①サイトに登録してサイト内の広告ページを閲覧する度に閲覧者にポイントが溜まり、溜まったポイントを毎月現金に換金することで月の収入を得る仕組みです。

②小遣い稼ぎサイトへの紹介バナーを自サイトページに掲載することで、バナーから小遣い稼ぎサイトへアクセスした方が小遣い稼ぎサイトで登録するたびに、紹介バナーを掲載したサイト運営者に紹介ポイントが溜まります。

※小遣い稼ぎサイトのホームページをネットで検索して直接登録するよりも、バナーから紹介されて登録するほうが、紹介された方にも多くポイントが入る仕組みがあり、紹介したりされたりする事を促進しているようですね。

③小遣い稼ぎサイト内で、様々なポイント増加の施策があり、特定ゲームをしたり、特定アンケートに答える事で広告ページを見るよりも高い単価でポイントが溜まります。

イメージしやすいように、一番有名な小遣い稼ぎサイト「もっぴー」のバナーを下に掲載して置きますね。

お金がたまるポイントサイトモッピー

ネット小遣い稼ぎで稼げる金額規模

まず、どんな取り組み方をするかで金額は変わります。

取り組み方毎に紹介しますが、その前に、小遣い稼ぎサイトの利用スタンスを簡単にコメントしておきましょうか。

推奨スタンス

ブラックハットSEOのように明らかにすべきでないことは、やらないように注意喚起していますが、それ以外は何事も自分の目で見て経験してから判断するのが納得性が高まります。

その大前提を踏まえて推奨スタンスを説明すると、以下の2点に集約されます。

①気晴らしに小遣いを稼ぐには最適

②自己実現できる程の収益を長期で目指すのは困難

※上記のバナーからアクセスして、サイトで紹介されているページ内容を見るだけで、わたしが上記の2点に集約して説明した意味がすぐわかる方もおられるかもしれません。

もし、この時点で自分なりの付き合い方で一切利用しないなら、わざわざ登録までして体験する必要はないと思います。

後で説明する「稼げる金額規模」や「特徴・メリット」も踏まえて、自分で納得してアフィリエイトサイト構築をメインの収益サイトに選ぶ方がよいと理解できれば、サイト構築のためのページ作成もはかどると思います。

もちろん、時々、息抜きに小遣い稼ぎサイトのゲームをしてポイントを貯めたり、最初の半年間アフィリエイトが収益が上がりにくい時期に小銭であってもネット上で収益が得られるという小さな成功体験のために活用したりと内容を理解してうまく活用するのであれば社会勉強の点でもプラスはあるでしょう。

稼げる金額規模

これはサイトの付き合い方で金額が変わります。

広告チェックや各種施策で貯める

<具体的なアクション>

・広告サイトを沢山見たりバナーを沢山押したりと、とにかく量を稼ぐことでポイントを貯めていく方法です。

・各種のポイントゲット施策に沿って依頼アクションを達成してポイントを貯めていく

※各種施策には、ゲームでステージクリアやアンケート回答などの施策もあります。

※なかにはアフィリエイトのセルフバックに似た制度で、特定商品を購入することで、大きなポイントがもらえる施策もあります。(例)年会費無料のクレジットカード申し込みで1万円分ptゲット等。

<月間で稼げる金額の目安>

月2000円~月3000円程度。

※広告による報酬は施策によって違いますが、1円貯めようと思うと1回~10回広告サイトをクリックが必要ですね。

※複数の小遣いサイトを組み合わせて1万円以上にしている方もおられますが、アフィリエイトと違いアクション量も倍になるので気晴らし以外はお勧めしません。

<メリット>

目に見えて金額が積みあがっていく

<デメリット>

時間単価で考えると稼げる金額が少ない

サイト登録の紹介で貯める

<具体的なアクション>

上記のような広告バナーを自サイトに貼って、サイト登録を積極的に勧める紹介文章を掲載することで、登録による紹介ptを貯める方法。

※上記のようなわたしのゆるーい文章ではなく本格的な紹介文章を書くことで、1日1件程度までは登録者を増やせるかもしれません。ただし、この時もサイトアフィリエイトと同様に閲覧者に誤解を与えて無理に登録させるような事がないように注意しましょう。

<月間で稼げる金額の目安>

月1,000円~月9,000円程度。

バナーから登録された方一人当たり現在は300pt程度です。

月数人~月30人(毎日1人)程度が登録してくれるとして、上記のような金額かなと思います。

既にブログアフィリエイトで莫大な閲覧者数を確保されているサイト運営者であれば、もっと大きい金額になるかもしれませんが、やはりアフィリエイトサイトで稼げる金額規模と比べると少ないですね。

<メリット>

目に見えて金額が積みあがっていく

広告クリックよりも単価(300pt)が高い

大量のクリック等で時間を浪費しない

<デメリット>

サイトアフィリエイトの方が単価が高く、対象商品が山のように種類があるため、自分が紹介しやすい(文章を書きやすい)商品を選びやすい。

このことから、アフィリエイトに挑戦している方なら、よほどポイントサイトに興味があって沢山の集客ページをかける自信がなければ、アフィリエイトの時間を削ってまでしてやる必要性があるか疑問ですね。

まとめ

上記の収益の構造、収益額、労力から、効率的に長期収益サイトを構築して自己実現するなら、メインはアフィリエイトサイト構築として、サブ的にお小遣いサイトを利用することをお勧めします。

アフィリエイトサイト構築は単に収益を得るだけではない面もあり、社会的有益性の一端を自分が担っていくヤリガイも感じる事もあります。

お小遣いサイトも全く否定するものではないですが、内容を分かった上で自分にあった時間の使い方をするのがよいでしょう。

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す