情報商材に注意!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトを始めると必ず目にする「情報商材」。

情報商材は世に山ほどありますが、本当に役に立つのはごく僅かで、探すのが非常に困難なほどです。

情報商材は一体どんなもので、どんな所に気を付ける必要があるでしょうか。まずは、定義から見ていきましょう。

どんな商材なのか

情報商材とは、情報そのものを商品として販売している商材の事です。

情報なので電子ファイル形式で販売が可能なため、大量コピー・転売が非常に用意です。

元々は、色々な情報サイトやノウハウサイトの特定ページについて、非常にマニアックで貴重な説明内容を有料化したことから始まっており、当初は全く健全な世界で設定金額も妥当なものでした。(過去形です。)

しかし、今はインターネットで稼ぎたいと思っている人は非常に多く、しかも、非正規雇用の拡大により年々ネットで稼ぎたい人が増加していることから、「稼ぐノウハウ」のニーズが非常に高いのです。

そのため、「稼ぎ方」という情報商材が市場のほとんどを占めており、結果的に「情報商材はほとんど詐欺」という状態になっているのが現状です。

情報詳細のほとんどは詐欺と言われていますので、まずは、手を出してはいけませんし、自分が販売する側にも回ってはいけません。

長期に収益を上げ続けるサイトを目指すのが本サイトの目標なので、情報商材には関わらない事が大事なのですが、言葉だけで注意しても、中々理解できない点もあると思うので、少し詳しく見ていきましょう。

「わたしの買ったあの商材大丈夫かなぁ・・・」という方も是非見てください。

まずは自分の目で見よう

まず情報商材の中身がどのようなものであるか、インターネットで実際に自分の目で見てみましょう。

ほとんどの情報商材は購入した方が商品を見てレビュー情報に書き込む事ができてしまうので、ちゃんと調べると中身が完全にしかも簡単に丸裸にされています。

「稼ぎたい」「稼げる情報商材を手にしたい」という気持ちで情報商材をネットで探すと、色んなページの文章でその気持ちが増幅されて洗脳に近い状態になります。

※稼げるのになぜしないの?という様な雰囲気の文章ですね。

冷静な判断ができなくなり、知らず知らずのうちに、自分も稼げるかもしれないと、稼げればラッキーという気持ちでついつい情報商材を買ってしまう方もおられるようです。

これに対して、「本当に稼げるのか」「本当に稼げる情報商材があるのか」という強い気持ちで情報商材をネットで探してください。

実際には8割以上が詐欺商材と言われていますので、各レビューなどを自分の目で検索して見てみれば、それがどのような内容で、実際に支払った費用に値するものなのか疑問の目でチェックできます。

匿名性の高いネットビジネスに参入する以上、詐欺から自分の身を守る練習も必要です。必ず情報商材を買わずに本サイトに帰って来て、以下の情報商材の種明かしを読んでください。

自分を冷静にするポイント

①事業の根幹となる貴重な情報ノウハウをなぜ売っているのか

⇒実際にはネット上で検索すれば集められる情報を電子ファイル化して売っているだけで、そもそも貴重な情報でない。

どんなに貴重な情報だとしても、しっかりした目で検索すればネット上にノウハウは落ちています。アフィリエイトの稼ぎ方でさえ、ネットを探せば情報商材以上に貴重なノウハウが山ほど落ちています。

もし、買ってしまった方は、情報の内容について一度ネット検索してみてください。情報商材を超えるような内容が多数のサイトで無料公開されていることに驚かれるでしょう。

②情報商材事業者は結局、何で儲けているのか

⇒情報商材を多くの人に販売するという事自体が、儲けの主な柱なのです。結局は情報商材を買ったあなた自身が販売者の収益の元金を払っているだけということに気づきましょう。

③どうして詐欺まがいの情報商材広告が世にあふれているのか

⇒情報商材を買った人が騙された事に気づき、類似の情報商材販売(転売)に手を染める事で、雪だるま式に類似の情報商材商法があふれる。

④なぜ野放しに見えるのか

⇒特定の問題サイトが警察に捕まっても、すぐに別のサイトが立ち上がり増える量の方が多いのでなくならない。対面販売でない事から誇大広告になりやすく、一般の人も手を染めやすい点もある。

⑤なぜ社会的に有益な情報教材は目立たないのか

⇒あまりに詐欺まがいの情報教材が多すぎるため、本当に有益な情報教材を扱うサイト運営者であれば情報教材事業から真っ先に撤退して、無料で有益情報を公開して広告収益を得るアフィリエイトサイトの運営に移っているからです。

上記の5つのポイントを見るだけで、今後、さらに情報教材を買おうとは思わないでしょう。

また長期に収益を得ようとするなら、情報商材事業に手を出してサイトの信頼を損なうリスクは避け、必要な事はインターネット等で検索してしっかり調べる癖をつけましょう。

Googleはそんなあなたのために、社会的有益性のあるサイトを上位表示させているのですから

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す