ヘテムル優秀!モジュールPHP

このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしがお勧めするレンタルサーバ「ヘテムル」の、超高速の仕組みの一端を説明します。

CGI版PHPとモジュール版PHP

サイトで動くPHPはCGI版とモジュール版の2つに分かれます。

CGI版PHPとは

CGIを簡単に言えば、WEBサーバ上で特定のプログラムを動作させ、その結果としてWEB表示させるための仕組みです.

つまり、CGI版PHPとは、WEBサーバとは別のプログラムとしてPHPを起動させてWEB表示させる仕組みとなります。

毎回WEBサーバとは別のプログラムとしてPHPが立ち上がるので、そのたびに余計なメモリを消費して、サーバの反応速度も遅くなります。

モジュール版PHPとは

モジュール版PHPとは、WEBサーバ上の拡張プロセスの1つとしてPHPを起動させてWEB表示させる仕組みです。

※現在のレンタルサーバ等のWEBサーバはApacheが一般的で、Apacheの拡張機能としてのPHPをモジュール版PHPと呼びます。

WEBサーバ内のプロエスの一環でPHP処理をしてしまうので、メモリ利用効率もデータ受け渡しも最適化され、非常に高速にWEB表示が可能となります。

ヘテムルのモジュールPHP

ヘテムル独自の技術により、モジュール版PHPを常時起動した状態にしておく事で、ヘテムルのWEBサーバ処理は超高速の応答を実現しています。

これにより、PHPで動作する世界標準のWordPressサイト運用にも、ヘテムルのレンタルサーバは非常に相性がよく、応答速度が高速化するのです。

物理的なハード面での超高速SSL化に続き、上記のソフト面でのWEBサーバ最適化処理が加わることで、ヘテムルのレンタルサーバの体感速度は他のサーバよりも非常によく、しかも安定していると言われています。

最近HDDのSSL化は多くのレンタルサーバ提供会社が取り入れていますが、サーバのハード面が高機能でも、それを活用するためのソフトなど総合的なチューンナップがすべて上手く組み合わさっていないと、最終的な応答速度の高速にはならず、実測値の向上にはならないのです。

ヘテムルのレンタルサーバには、ConoHaほどの最新ハードによる高速化はありませんが、長年レンタルサーバ業界を牽引してきたWEBサーバチューンナップのノウハウが蓄積されています。

ヘテムルには、WEBクリエイターに必要な超高速SSL、色んな状況に耐える安定性、老練さ、バランスの良さがあります。

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す