No.1★GMO独自ドメイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のインターネットのインフラ整備を担ってきたので当然ではありますが、GMOグループは特に独自ドメインの世界で圧倒的なシェアを持っています。

GMOグループとは

No.1★GMOレンタルサーバ

業界1位~3位のお名前.com、ムームードメイン、バリューサーバの3つを併せて、GMOグループは日本の87%以上のシェアを持っています。

お名前.com

登録実績1,900万件を突破したシェアNo.1のドメインサービス。

GMOグループ内でも持ち株会社的な役割を担う、GMOインターネット株式会社が提供するドメインサービス。

レンタルサーバシェアNo.1のロリポップサーバと組み合わせは、おそらく日本で一番多くの方に利用された、レンタルサーバ×ドメインサーバの組み合わせでしょう。

多く利用されているという事は、それだけ設定手順やトラブル解決事例も充実しており、大抵の問題はネットで探すと解決できるでしょう。

ただし、頻繁に割引サービスが変更するので一概に安いと言いにくい点や、WHOIS情報代行公開サービスの完全無料対応の点で、純粋なサービス面では後述のムームードメインの方が若干優れているように感じます。

ムームードメイン

GMOグループの1つであるGMOペパボ株式会社の提供サービス。

400万件以上の登録があり、価格面、機能面、管理ディスプレイの分かりやすさ等、非常にバランスの取れた優良サービスです。

GMOペパボ株式会社は、日本でも有数なレンタルサーバであるロリポップサーバ及びヘテムルサーバの提供会社でもあり、レンタルサーバと独自ドメインの初期設定などの連携が非常にスムーズで初心者にも安心して使えます。

中でも、クリエーター用のヘテムルサーバはスペックが高く、ムームードメインとヘテムルサーバを選ぶ事で、安価で簡単スムーズに安定・超高速なサイトを構築でき、非常にバランスが良いです。

シェアはまだ高くないですが、提供されるサービス内容ではわたしは日本一と思います。

独自ドメイン登録手順

バリュードメイン

GMOデジロック株式会社が提供するドメイン総合サービスです。

GMOグループに後から加わった会社ですが、以前からドメインサービスを展開していたこともあり、ムームードメインと同じ程度のシェア規模があります。

有数のレンタルサーバを持つムームードメインと比較すると、レンタルサーバ連携の面での弱さは感じますが、独自のバリューサーバプランもあり、お名前.comやムームードメインだけでない「第3の選択肢」としての違った側面のサービスを上手く展開しています。

以上の通り、GMOグループは、レンタルサーバ事業及びドメイン事業で圧倒的な支持を受け続けており、今後何十年と長期にわたってこの傾向は変わらないでしょう。

独自ドメイン登録手順

GMOグループの岩盤収入基盤


投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す