No.1★GMOレンタルサーバ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、レンタルサーバNo.1のGMOグループが提供している、各種レンタルサーバをベスト3を紹介します。

レンタルサーバとは

まず、レンタルサーバについて簡単に説明しますね。

レンタルサーバとは、「ブログ等のページをインターネット上に保管する場所を提供してくれるサービス」です。

無料のブログサービスは自分の作ったページの大事なところに勝手に広告が表示されたり、検索エンジン最適化の設定ができなかったり、アフィリエイト自体が制限されたりと色々な制約があります。

そのためアフィリエイトを成功させるには独自のサイトを構築する必要がありますが、この独自サイト構築は①レンタルサーバ②独自ドメイン③WordPress(無料)の組み合わせで作る事となります。

この事から、アフィリエイトで長期収益を確保するためにも、レンタルサーバは必須で重要と言えますね。

GMOグループについて

インターネット創成期から日本のインターネットインフラ構築し続けた、レンタルサーバ事業No.1の企業グループ。それがGMOグループです。

日本のインターネットサーバを一番作り続けたと言われる程、日本のインターネットに貢献しており、インフラ事業社として日本で初めて一部上場を果たした株式会社でもある圧倒的最大手の企業です。

独自ドメイン事業でも日本No.1となっており、他にも銀行等の金融事業でも日本一高い預金金利を提供するなど日本有数の優良サービスを提供しています。

5年~10年後にはトヨタや松下、ソニーというような、誰でも知っている会社になる事でしょう。

※GMOグループの社長は2050年頃に10兆円規模の会社を目標として、非常に長期展望の戦略を遂行していることからも、今後さらなる成長が見込めます。

長期に優良なレンタルサーバを選ぶ上でも、間違いなく1番手に上がる企業グループですね。

GMOレンタルサーバのベスト3

どのサーバを選んだとしても、GMOグループが存続している以上、サービスが完全に終了することはありえず、必要なら他のGMOサーバにデータ移管するだけでサービス継続は可能と言えます。

しかし、これから直近の10年間を速さを追及するのか、安定性を追求するのか、安さを追求するのかで、サイト運営の戦略やSEO対策にも影響します。

そこで、長期収益サイトを構築するにあたって、わたしがお勧めの3つのレンタルサーバを特徴と共に紹介しますね。

第3位 ロリポップサーバ

一般的には「え~!」と批判がありそうですが、あくまで数十年先まで見越した「長期収益サイト構築に最適なサーバ」という点でご理解ください。

決して、悪いサーバではありません。

当然ですよね。現在、日本のシェアでNo.1なのですから。

お手頃な価格で独自サイトが持てて、しかも初心者でもちゃんとフォローしてくれる上に、提供会社がGMO・・・売れる訳です。

しかし、後の2つのサーバと比較するとスペック面では見劣りします。

そのせいか、最近、ロリポップエンタープライズ(法人用)が提供されており、「ロリポップも低価格路線だけではない」という意味で再度、存在感を見せ始めてはいますが、個人用レンタルサーバとしては3位としました。

ただ、今でもシェア日本No.1はロリポップで、GMOのレンタルサーバ事業を牽引してきた優良サーバであることはお忘れなく。

第2位 ConoHaWINGサーバ

最近のGMOから投入され、レンタルサーバ業界でダントツの速度を持つ自他ともに認めるスピード日本No.1のサーバです。

しかも、その速度の速さが最高値で比較すると、単に日本1位というだけでなく、2位以下を大きく引き離したダントツの速度です。

そのため、スピードの要素で他ライバルサイトに差をつけたいのであれば、断然、本サーバをお勧めです。

他のレンタルサーバと違い、「時間貸し」という新たな契約形態なので戸惑われる方も多いかもしれませんが、年間契約分の時間を契約してしまえばいいので、あまり気にすることもないでしょう。

今回は、各種パフォーマンスデータの最高値と最低値との差があることから、サーバとしての安定性も考慮して2位としました。

しかし、純粋なスピード競争では、ダントツで日本No.1です。

第1位 ヘテムルサーバ(Hetemlサーバ)

上記のシェアNo.1サーバとスピードNo.1サーバを押しのけて、わたしが1位に押すのは「ヘテムルサーバ」です。

GMOグループでさえ、「あれ?」と思うかもしれません。

しかし、ここ数年の間、ライバルのXサーバとしのぎを削ってきたのは、ロリポップでもConoHaでもなく、「ヘテムル」です。単なるシェアでなく、本当に優良なサーバを検討する玄人好みのスペック比較でも、日本トップレベルの水準です。

そんな中、データベースサーバー、WEBサーバー、メールサーバーのすべてに高価で高速なSSDを採用して安定して高スピードを提供したり、ロリポップ並みの安価な料金体系を導入したことで、非常にバランスのよい高速安定かつ低料金高機能サーバに変身しました。

ConoHaは次世代レベルの速度であり、最高速度での比較が実際のサイト運営上でどれだけ影響力があるか疑問です。

最高速度だけでなく最低速度も踏まえた安定面では、ConoHaよりも歴戦の勇者ヘテムルの方が信頼性が高いように感じます。

以上から、長期に収益を生むアフィリエイトサイトを構築するためには「ヘテムルサーバ」を強くお勧めします。

ぜひ、以下のリンクより登録手順へどうぞ。

レンタルサーバ登録手順

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す