成約率UP!集客ページ改善

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSや他サイト紹介リンクから来る閲覧者と、検索エンジンから来る閲覧者とは、根本的に「サイトへの信頼感」が違います。

ここでは、集客ページが検索エンジンから有益だと認められて、閲覧者を集める役割を果たしているか、チェックしていきましょう。

※サイトアフィリエイトで収益を得るためには、不特定多数の方からのアクセスが必要で、特定少数のSNS等の集客(大事ですが)だけではいずれ頭打ちになります。

SNSリンクとの信頼感の違いを理解する

当然ですが、検索エンジンで表示されたサイトというのは、作成者の国籍、人格、信頼できる人か、さらにサイトの内容も本当に適正な内容が書いているか詐欺サイトでないか等が全くわかりません。

一方で、SNSや他サイト紹介リンクで来る際には、少なくとも自分のSNSつながり(友達やフォロワーの方など)や、自分が今まで見ていたサイトからリンクが張られている事で、「自分がある程度信頼性を認めた方からの推薦がある」という小さな信頼性があります。

一般の生活では上記の信頼性など役に立たない事が多いですが、匿名部分が多いインターネットの世界では、上記の小さな信頼性でも他の匿名サイトより信じられるという消去法で選ばれることになります。

そのため、SNSや他サイトからのリンクでは、ニーズさえあれば高い確率で閲覧される一方、検索エンジンで自サイト集客ページを表示させるにはプラスアルファの信頼性が必要だとまず認識しましょう。

プラスアルファの信頼感の追加

検索エンジンや閲覧者に信頼されるためにも、「タイトルの付け方」「説明(ディスクリプション)の書き方」は非常に重要です。

なぜなら、閲覧者には「タイトル」「説明」しか情報がないからです。

検索でページを見つける事を繰り返していると、タイトルと説明を見ただけで、どれぐらいの年齢・社会経験のある人が、どれだけ本気で誠実にページを作っているか、なんとなくですがわかります。

具体的なチェック項目は以下の通りです。

大人が書く文章か

有名企業ページの紹介ページをいくつか読んでみましょう。

その上で、自分のサイトのページの説明(ディスクリプション)を読んでみると、話し言葉が入っていたり、細かい言葉遣いがおかしかったりに気づきやすいものです。

ぜひ、一度試してみてください。

わたしも多く改善点を抱えているので、気づいた都度直すようにしています。

また、学生の方は30歳になった気分で言葉遣いを直してみると、信頼感が出やすいようです。

説明に誠実さを感じるか

ここは社会的有益性の効果が表れる点です。少しでも誠実さがないページでは、紹介説明も上滑りになり信頼される言葉をつなぐことも難しいでしょう。

本当の意味で有益な内容を作り、自信満々で正面から誠実に自分のページの良さを語りましょう。

そうすれば、必ず閲覧者の目に留まり、しっかりとサイト集客につながるでしょう。

誤字脱字がないか

これはわたしも苦手分野です。

特に時間のない会社勤めの方が副業でされている場合には、全てをチェックするための時間はなかなか無いでしょう。

30ページ、50ページ、70ページの節目や、100ページで一通りのテーマ説明群ができた段階で、チェックだけの日を設けるのも1つの方法ですね。

上記の3点を意識するだけで、プラスアルファの信頼性は高まります。

※わたしも作った全ページの改善はなかなか出来ませんが、改善したページはやはり効果があります。

閲覧者の読み飛ばし防止

※これは前に書いた「プラスアルファの信頼性」に逆効果をもたらす可能性があるため、やりすぎに注意する点を先に補足しますね。

検索エンジンでは100件以上の結果が表示されることも多く、閲覧者も早く求めるページに辿りつこうとして、検索結果を流し見る事になります。

そのため、検索順位1位でも20%程度、2位でも10%程度、3位~5位でも5%程度と閲覧数は分散し、検索したけどクリックすらしない閲覧者もかなり多くおられます。

これは、ほとんどの閲覧者は、検索して一瞬で順位を流し見て、また別のキーワードで検索しなおすという行動パターンを取っている事が想定されます。

そのため、SEO対策では少なくとも1ページ目(10位以内)に必ず入る事を必死でやりましたが、今度は閲覧者に選んでもらうために、目に留まるようなタイトルをつける必要もあります。

よくあるSEO対策や集客ページ改善では、目には留まるが儲け主義が目に余るキャッチコピーも多く、確かに、それで集客増になる点もあります。

しかし、ここでは本当に何十年も長期に収益を生み続けるページやサイト構築をお勧めしていますので、少し目に留まる程度の表現を信頼性を担保しながら考える程度でわたしはよいと思います。

※ここはサイト構築者の考え方にもよるので、コンテンツによって少し強めのキャッチコピーにして、どうしても集客したいと思うなら、ぜひ挑戦して下さい。

具体的には、以下の点を見直してみてください。

タイトルが意義や定義に「とは」

「〇○○」と名詞だけにするより、「〇○○とは」とする方が圧倒的に閲覧数が上がることが検証で分かっています。

アイキャッチワードの追加

「!」「!?」「実は」「本当の」「の嘘」「に騙されない」 「必見」「必読」 「必須」等

具体的な数値の追加

「3つの方法」「ベスト5」「7つのツール」「2つの真実」等

※やり過ぎると、サイト自体の信頼性も低下して、集客の逆効果なのでくれぐれも気を付けてくださいね。

検索キーワードの再確認

これは既に何回もチェックされていると思うので、今更という方も多いと思います。(不要なら読み飛ばし可です。)

しかし、どうしても検索順位が上がらないという方は、再度、検索キーワードが狙い通りか見直してみましょう。

具体的には、Googleコンソールで自分のサイトの検索順位、表示回数、閲覧数等を見て、検索キーワードに沿ったタイトル、説明、タグに修正する。

SEOstep2(検索順位の確認)

SEO対策step3(改善計画策定)

SEO対策step4(検索順位1位へ)

※ここで1つ補足注意しておきますと、どんなに良い改善でも、Googleコンソールで既に登録されているページタイトルやタグを変更した場合には、必ず少しは順位が下がり、しばらくして良い改善なら以前以上に上がります。

これを知らずに下がったからすぐに元に戻すことを繰り返していると、Googleからもこのサイトは一貫性がなく多数の重複ページがあると誤解されてしまう場合があるので注意してください。

変更するときは、上記のStep3のように必ず改善計画を立てて、記録した上で、少なくとも1週間単位で効果を把握して1つ1つ階段を上るように良いサイトにしていきましょう。

逆に言えば、自分のペースで少しずつ改善していき、記録さえつけていれば、「そういえば、以前の改善結果が出てるな」と思い出すくらいの放置でよいという事です。そのためにも、後で改善理由がわかるように記録の重要性は意識しましょう。

集客ページの内容の充実

最後に当たり前ですが、集客ページが看板倒れにならないように、社会的有益性を伴う内容になるようにしましょう。

閲覧者はあなたの集客ページで一通りの満足がなければ、疑問が残っているため成約ページへは移りません。

あなたの想定する検索キーワードで閲覧者があなたのページに辿りついた事を想定してみて、あなたの集客ページの内容で本当に十分満足するか自問自答しましょう。

そこで気づいた足りない情報を少し追加するだけで、閲覧者は集客ページで目的を果たし安心して成約ページに移るかもしれません。

成約率UP!集客から成約ページへ

成約率UP!サイト改善の流れ

スマホでのアフィリエイトに疲れたら、モバイルWiFiルータを活用して自宅内外問わずパソコンやタブレットからアクセスしよう。⇩


投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す