Googleアドセンス登録と広告設定

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここではGoogleアドセンス広告へのエントリーと審査、効果的な広告の貼り方をご案内します。

Googleアドセンスへの登録

GoogleアドセンスTOPへ

上記のリンクからGoogleアドセンスTOPページへアクセスし、緑色のボタン「お申し込みはこちら」を押しましょう。

(無料ですので安心してください。)

①Google AdSenseお申し込み画面で、みなさんのウェブサイトのURLを入力します。

②次にあるメールアドレスでは、Googleアカウントのメールアドレスを入力します。

もし、Googleアカウントをまだお持ちでなければ(グーグルコンソール等で使うはずなので、そんなことないと思いますが)、5分でできるんで今すぐ作っておきましょう。

③役立つAdSense情報を入手するかは、「はい」で良いでしょう。

 ページ下段の「保存して次へ」を押しましょう。

④するともう一度「Googleアカウント」のログイン情報確認を求められますので、メールアドレス+パスワードでログインしましょう。

⑤先ほど入力したサイトURLが表示されるので、最終確認します。

⑥国は「日本」を選びましょう。

⑦規約に同意して、Googleアドセンスアカウントを作成!

⑧名前と住所を入力して、「お申し込みを送信」する。

⑨ここでGoogleアドセンス側がサイトをみて審査をされます。

わたしは当時審査があったことも知らずに即審査合格だったのですが、あまりに多くの方から審査不合格事例の相談があるので、サイト内容を見て改善して合格した事例から審査合格のためのヒントを書いておきますね。

 ・儲けでなく社会的有益性を考えてサイトを作る

 ・閲覧者のためになっていない所は直す

 ・他のサイトや自分のサイトのコピーがあれば消す

 ・コンテンツ量を30ページは作る

 ・上記の事を3週間は取り組んでサイトを見直す

※やはり社会的有益性がないサイトは、検索エンジンでも広告でもはじかれる仕組みなんだなと思います。

⑩審査が完了すると「今すぐ利用を開始」を押下しましょう。

さあ、あなたの広告生活の始まりです!

効果的な広告の貼り方

Googleアドセンスとの付き合い方は様々で、サイトの状況や市場ニーズ、あなたのコンテンツとの相性があるので色々トライ&エラーが必要です。

ですが、大まかに言って、Googleに任せるか、自分で手動で使い分けるかの選択があります。

完全にGoogleにお任せの場合

ブログアフィリエイトだけで勝負する方など、完全にGoogleの広告を選ぶセンスにお任せしようとする場合に選ぶ方法を紹介します。

方法は非常に簡単です。

①軽くてお手軽な「Header and Footer」を使うので十分です。

WordPress左メニュー「プラグイン」⇒「新規追加」で 「Header and Footer」を検索してインストール⇒有効化

② 「Header and Footer」を立ち上げて、Header部分にGoogleアドセンスの指定コードを貼り付ければ、サイト全体を一気に広告化できます。

手動でニーズの高い広告を出す場合

どちらかと言うとサイトアフィリエイトに力を入れる方に便利な方法ですね。特定の場所を狙って、広告を入れる事ができるので、ブログアフィリエイトの方も、自分で広告をコントロールする場合には、こちらが良いでしょう。

①Googleアドセンス広告をカスタマイズ設定できる「AdSense Plugin WP QUADS」を使いましょう。

②WordPress左メニュー「プラグイン」⇒「新規追加」で 「AdSense Plugin WP QUADS 」を検索してインストール⇒有効化

③まずは、Googleアドセンスページ側で以下の設定をしましょう。

・Googleアドセンスの左メニューの「広告」⇒「広告ユニット」押す

・新しい広告ユニットを押す

・以下の画面で「テキスト広告とディスプレイ広告」を選びます。

・以下の画面で広告ユニット設定設定をします。

・まず、広告ユニットの名前として「記事の最後のレスポンシブ広告」と入力しましょう。

※慣れてきたら後で独自の広告ユニットを作っていただくとして、最初はサンプルで作りましょう。

※レスポンシブ広告とは自動でサイズ調整してくれる広告のことです。

・そして、そのまま一番下段の「保存してコードを取得」を押しましょう。

・広告コードが表示されるので、広告コードをコピーします。

 ⇒メモ帳などで、記事タイトルと広告コードを記録しておきましょう。

・次に、広告ユニットの名前として「記事の最初のリンク広告」と入力しましょう。

・広告サイズで「推奨」⇒「リンク広告」に変更

・そして、そのまま一番下段の「保存してコードを取得」を押しましょう。

・広告コードが表示されるので、広告コードをコピーします。

これでGoogleアドセンス側から必要な広告コードを入手できたので、これをインストールしたプラグインに入力します。

④WordPress左メニュー「WP QUADS」⇒「ad settings」で設定します。

・上の画面で、上の方にタブが2段になって並んでいるうちの、下段の真ん中のタブ「ADS」を開きます。

・「Ad1」をクリックして、 「記事の最後のレスポンシブ広告」のコードを貼り付けます。

※チェックボックスは左側「Plain Text / HTML / JS 」にチェックされているまま、変更しなくてOKです。

・「Ad2」には「記事の最初のリンク広告」のコードを貼り付けます。

※順番はこの際、どちらでも問題ありませんが、Ad1にどちらのコードを設定したかは覚えておいてくださいね。ここでは説明順にしておきます。

・次に、「ADS」タブの左端の「General&Position」タブを選びます。

・上のような画面が表示されます。

・一番上の「to Beginning of Post」のチェックボックス□にチェックして、「Ad2」を選びます。

※先ほどAd2で記事の前の広告として設定したので、Ad2を選びます。

・次に3番目の「to End of Post」のチェックボックス□にチェックして、「Ad1」を選びます。

・この内容で「変更を保存」すれば広告設定は完了です。

以上のように、Googleアドセンスの申請・審査合格・広告貼り付けまで最初は長い道のりのように思いますが、初心者にとっては一番収益を得やすいと言われていますので、ぜひ、本ページを見ながらゆっくり設定してみてください。

Googleは社会的有益性を持っているサイトには非常に優しい会社であることを、最後に補足しておきますね。

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す