アフィリエイトと不動産資産比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは長期収益サイトを構築するメリットを理解するための一環として、アフィリエイトサイトの飛び抜けた資産価値について、説明します。

資産としてすぐに思いつくのが「不動産」だと思います。

土地や家・マンション等の不動産と、アフィリエイトサイトは似ても似つかないかもしれませんが、あなたの銀行口座に定期的に収益をもたらす点では同じです。

ここでは、わかりやすい毎月5万円の事例で、不動産とアフィリエイトサイトを比べてみましょう。

主に収益を新たに得るまでの大変さを比較する事で、アフィリエイトサイトの知られざるコストパフォーマンスがお分かりになると思います。

アフィリエイトサイトと不動産の比較で一番、アフィリエイトに分が悪いのが安価な月5万円の獲得の比較です。

しかし、分が悪いにも関わらず、この比較でも不動産を圧倒することになります。

※月10万円、月20万円、月100万円では、そもそも対象不動産が限定されて事実上アフィリエイトと比較になりそうな不動産収益モデルすらありません。

不動産収益モデルの場合

(不動産投資によくご存じの方は、当たり前の事しか書いていないので読み飛ばしてください。)

手元資金ゼロで月5万円の不動産を取得するには、どうすればいいでしょうか。

毎月5万円収益モデル

まず非常に虫のよい話ですが、よくある不動産ブローカーの勧める話のように売値700万円の物件で毎月5万円の収入を得る事を考えましょうか。

不動産の場合、取得するのに手元資金が必要で、その資金を融資してもらうとしても、少なくとも半分は自分の資金を出さないと通らないことが多いです。

そのため、350万円は別途、働いて種金を作ることとしましょう。

この時点で、ゼロから不動産に挑戦するとして、少なくとも数年以上の時間を浪費します。

では、種金ができたとして(通常はそう簡単にできないですが)、

現在、一番成功の余地がありそうな不動産の収益モデルで考えましょう。

700万円程度の中古一戸建て物件(鉄筋コンクリートで耐用年数が長期のもの)を、金利2%の日本政策金融公庫で350万を期間10年で借りて運用するとしましょう。

数年間で貯めた種金で半額を払い終わったとしても、上記のモデルでは毎月3万円程度の公庫への返済支払いが10年は発生します。

つまり、不動産収入の理想的なモデルとして、数年で種金を稼ぎ、買値700万円の物件で月5万円の収入が得られる超優良物件をゲットしたとしても、資金ゼロからでは、毎月5万円の純収入に乗せるのに十数年かかる事がお分かりだと思います。

物件の規模や数を増やす方法でリスクを取りながら、早期に毎月5万円以上の収入を勧めるブローカーもおられますが、当然ながら非常に危険で恐らく挑戦する最初の時点でブローカーさん自体も失敗することが頭にあるように想像します。

収益獲得までの収支イメージ

月5万円の純利益不動産獲得までの収支イメージは、以下の通り。

※実質、種金獲得に左右されるのが良くわかると思います。

数年後

・種金を作る努力をしたとして数年間でプラス350万円

 ※節約や追加副業の労力を考えると全くお勧めしません

数年後~十数年後まで

・700万円の資産保有。(種金は350万円⇒0円に。借金額350万円)

・毎月5万円収益と3万円の支払いで、毎月2万円の純利益

※ほとんどの場合、この2万円は事務手数料等諸経費で消えるでしょう。

十数年後~

・毎月5万円の純利益

※ただし、これも不動産管理の経費等を極限まで圧縮した場合の想定モデルなので、実際には、税金・賃貸登録・空室リスクヘッジ・入居者対応・不動産の修繕・改修、不動産耐用年数による売却処理と数字以上の大きなリスクが潜んでいます。(くれぐれも安易に挑戦しないでください。)

※また、上のモデルでわかるように、数年で350万円の種金を作れるなら、その倍の期間同じ努力をして不動産を即金で買うと、7年目で不動産収入純利益月5万円を獲得できるかもしれません。

この事自体が、借金してまで不動産収入に挑戦する意義が少ない事、現在の不動産収入モデルが低迷している事を物語っています。

また、7年で稼いだ種金700万円を不動産収入に転嫁させて毎月5万円の収益をゲットしたとしても、700万円の資産投資に対して完全に元が取れるのは、700万円÷5万円で、さらに140か月掛かります。

種金を即金で払えるまでに7年

投資した種金の元を取るのに10年以上

と、こんなにかかれば投資した不動産資産自体が、どれだけ価値を維持しているか未知数です。土地でなく家屋ならほぼゼロの可能性もあります。

※不動産収入については、現在は人口減少により不動産の価値も非常に下がっていますので、今後もアフィリエイトとの差は大きく開くでしょう。一部の高収益物件は、根こそぎ情報強者の富裕層に大人買いされますしね。

また、ここでは比較が成立するためにも、不動産を持つリスクはあえて書いていません。

しかし、実際には、地価下落、天災での被害、近隣住民トラブル、借り手とのトラブルなど不動産特有の悩ましい事象もあります。

アフィリエイトサイト構築の場合

正しい方法で、成果が出ないように見える作業を続ける忍耐力さえあれば、1年程度で月5万円程度は達成できると言われています。

正しい方法は、「長期収益サイトで自己実現」サイトで王道の取り組み方法を記載していますので、参考にしてください。

長期収益サイトによる自己実現

圧倒的に速い収益モデル達成

わたしは、成果が目に見えないブログやサイトを作る作業を1日30分(土日は1時間)程度として、軽負担で長く続けることを推奨しています。

二日に1回記事を作るとして2年間で目指したとしても、不動産収益よりも圧倒的に早い期間で純利益を得る事ができるでしょう。

懸念があるとすれば、目に見える不動産収入と違い、ある程度の収益を得られるまでは収益ゼロが続き、半年頃の100記事がそろう時期から収益が急激に上がり始めるので、それまでの期間を乗り越える必要があります。

アフィリエイトで95%以上の方が1年も続いていない事から、やはり続けることが出来た人だけが月5万円以上の成果を得られる事になります。

ちなみに、月10万円、月20万円、月100万円の収益について、アフィリエイトの場合なら、月5万円を達成した後、加速度的に短期間で達成できると言われています。

月5万円から、半年で一気に月50万円を達成される方もおられます。

これは不動産のように特定の方との商売でなく、日本中(理屈の上では世界中)の人をインターネットで相手にしている事から、母数ユーザのスケールメリットの違いから当然かもしれませんね。

※1閲覧あたり20円のクリック報酬単価のGoogleアドセンスで、国民の10%の1000万人が閲覧したとすれば、理論上では2億円という夢のある世界です。

圧倒的に少ない元手で始められる

独自のアフィリエイトを構築するための費用は、これまで知らなかった人は考えられない程の少額です。

わたしのサイトでは、自分の老後まで安泰の50年先を想定した長期収益サイト構築をお勧めしています。

それでも、年間の経費は、初期費用2000円+毎月900円のレンタルサーバ代、独自ドメイン年間900円程度です。

これは、アフィリエイト1か月目から実施できる「セルフバック」1回で、簡単に上回ることができる程度の経費です。

セルフバック体験手順

このように、アフィリエイトは少ない元手で始められる点からも、不動産収益モデルより圧倒的にリスクが少ないと言えるでしょう。

長期収益サイトによる自己実現

まとめ

アフィリエイトは、1996年アマゾンのサイトで初めて始まったと言われており、まだ20年程度しか経っていません。

そのため、アフィリエイトサイト資産と不動産のどっちが欲しいと言われたら、迷わず登記や市場評価のある不動産を選ぶ人が多いでしょう。

しかし、毎月定期的に銀行口座に入金がある点では変わらず、資産の維持管理についても、アフィリエイトもある程度の規模になれば税金対策のためにサイトの維持管理を外注することが多く、資産保有者の負担も少ないです。

さらに、アフィリエイトサイトは拡大させることができるのに対し、不動産は購入時から下落する運命が決まっています。

資産形成面、リスク、資産維持管理、将来性とどれをとっても、アフィリエイトサイト資産は不動産を上回るのです。

ぜひ、できるだけ早く取り掛かりましょう。

長期収益サイトによる自己実現

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す