サーバ×ドメインランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト構築の相談を受ける際、一番多い質問は主に以下の2つです。

「レンタルサーバのお勧めは?」

「ドメインサーバのお勧めは?」

そして、最近では「レンタルサーバとドメインのお勧めの組み合わせは?」という質問も増えてきました。

2種類のサービスを各社仕様を深く入り込んで継続的に比較するには、各社サービス改定が日進月歩過ぎるので、2019年1月現在という条件で「長期収益サイトを構築するには」という当サイトの切り口で、以下に独自ランキングを作りました。

皆さんの老後まで安心できるサイト構築に、ぜひ役立ててください。

第1位ヘテムル×MuuMuu

まだ少ない超高速オールSSDで、かつ各種数値の最高値~最低値のブレが非常に少ない、超安定サーバ「ヘテムル」

日本のインターネットのインフラ基盤を整備した、GMOグループ提供です。

言わずと知れたドメイン業界3位の「MuuMuu(ムームー)」ドメイン。

「.com」ドメインを日本で一番安全安価に利用できるサービスです。シェアNo.1の老舗「お名前.com」よりも、WHOIS情報代行公開機能が無料な分だけ安価に利用できます。

両サービスを提供されているGMOでは、どちらかと言うと以下の第2位の組み合わせを押しているようですが、「長期収益」という視点の当サイトでは断然、ヘテムル×MuuMuuの組み合わせです。

この組み合わせのサイト構築は、本サイトでも詳細手順を説明しています。ぜひ、参考にしてください。

レンタルサーバ登録手順

独自ドメイン登録手順

第2位ロリポップ×お名前.COM

レンタルサーバ業界1位「ロリポップ」とドメイン業界1位「お名前.com」の組み合わせ。

ロリポップはレンタルサーバの約15%ものトップシェアだけあって、初心者には非常に使いやすく安価なサーバです。

組み合わせの市場ランキングはありませんが、各種データからこれが日本のシェアNo.1の組み合わせかなと思います。※シェアとお勧めは別です。

確かに、両サービスとも超初心者向けサービス面ではサポート体制が充実していて安心な面もあります。

しかし、30年~50年と自サイトが順調に収益を上げてきた時の事を想像すると、「ロリポップ」では速さと安定力の面で「ヘテムル」に勝てず、「お名前.com」では長期収益で一番大事な「.com」ドメイン取得の面で「MuuMuu(ムームー)」ドメインに勝てないことから第2位です。

第3位Xサーバ×Xドメイン

これも悪い組み合わせではありません。

Xサーバはレンタルサーバ業界2位で、Xドメインサービスとは当然連携良く利用できます。Xサーバのシェアは10%程度で、利用者の多くがXドメインを使っている事が想像できるので、日本の10%はこの組み合わせと考えても良いでしょう。

勢いのある会社でキラリと光るサービスを展開し、ヘテムルの料金改定までは事実上Xサーバが市場No.1サーバでした。

次に紹介するConoHaWINGの桁違いのスピードには負けるとしても、ヘテムル同様にオールSSDでサーバのスピードは業界トップレベルです。

しかし、提供会社の規模がGMOグループと比べると象と蟻程の差があり、本当に長期に高サービスを連発しきれるか、50年先まで会社が生き残れるかが未知数です。

第4位ConoHaWING×MuuMuu

2018年後半に投入された日本一速いConoHaWINGレンタルサーバ。

色々な実測テストで本当に売り込み通り日本一なのかと検証が行われましたが、実際に利用された方も含めて「ダントツで日本一の速さ」と市場評価もほぼ固まりました。

他サーバからのサイト移行がスムーズだったりと色々と面白いサービスもあり、機能面でも今後楽しみな存在です。

しかし、時間貸しというサービス自体が市場にどう受け止められるのかが疑問で、導入事例がまだ少ないのが現状を物語っている気がします。この点を解消すれば、導入事例も急増しそうですね。

また、実測値の最高値と最低値とのブレや安さの面で見ると、「ヘテムル」の方がある程度の速度を計算できる安心感がありますね。

第5位さくらのレンタルサーバ

GMOグループ同様に、老舗のレンタルサーバ(+ドメイン)

※Xサーバーと同様、セットでドメインを使う方がほとんどです。

レンタルサーバー業界3位で、まだまだ健在です。

昔から独自ドメインでサイトを立ち上げていた方は、どことなく郷愁を感じることでしょう。

さくらのサーバーの一番のウリは安さですね。

また、老舗だけあり数々のきめ細やかなサービスもあります。

ただし、最近のXサーバーとGMOグループとのせめぎあいの中、少し距離を置いているように感じます。

とはいえ、無数にあるレンタルサービス・ドメインサーバの中では、やはり、トップ5にはどうしても入れたい安心感がありランクインさせました。

最後に

日本の上位5位なので、点数はともかくどの組み合わせも日本のインターネット業界を牽引している非常に優れたサービスであることを、最後に付け加えておきますね。

2019年1月現在で何十年という長期に収益を確保するという視点では、やはり、ヘテムル×ムームーの組み合わせが最適という結果でした。

10年後、30年後、50年後の世界がどうなっているか、自分の判断が正しかったか、確認するのが密かに楽しみです。皆さんも、自分が納得するサービスを利用しましょう。

レンタルサーバ登録手順

No.1★GMOレンタルサーバ

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す