All in One SEO Packプラグイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、SEO(検索エンジン最適化)の専門的な設定をプラグインにお任せするか、手動で設定するかの判断について説明します。

具体的には、SEO主プラグインとしてAll in One SEO Packを使うかどうか、という決断に集約されます。

この判断はページ数が大きくなった後では、プラグイン設定情報(特にdescription)の入れ換えに膨大な時間を浪費する事になります。

そのため、少なくとも作成ページが30ページを越えたあたりまでに、決断する方がよいでしょう。

判断のポイントは以下の2点です。

①SEOをプラグインにお任せすることで、有益なコンテンツを作る方に労力を傾ける事ができます。

②一方で、お任せプラグインは複数の機能を融合させていることから、動作が遅くなってしまうという弱点があります。

知識さえあれば、手動設定にすることでサイトスピードが向上してさらに上位の順位を狙うことも可能でしょう。

確かに、SEO対策でスピード評価点は重要なので、その対策をすることで、他が同じならライバルより確実に上位に検索表示されます。

しかし、大事なのはコンテンツ自体の有益性なので、手動設定で疲れはてて有益性が犠牲になるようなら、All in One SEO Pack に任せた方が良いでしょう。

スピード向上での閲覧性向上か、お任せでコンテンツ内容で勝負か、どちらを取っても正解です。

後悔さえしなければOKなので、ここで決めて、後は絶対目移りしないことですね。

※私は細かい検証用のために、既に十数回プラグインの入れ替えを実施しましたが、毎回めまいがする程の大きな稼働です。

皆様にはそんな経験をしてほしくないので、一度決めたら後悔せずにコンテンツ量を増やす方向に専念しましょう。

以下に、それぞれのメリットをまとめておきます。

All in One SEO Pack の良さ

・数々のSEO関係の設定を1つのプラグインで設定できる。

・ディスクリプション設定が記事一覧画面で楽に入力できる。

※個別に質問いただいている方たちには、「スピードでライバルサイトに負けるとしても、社会的有益性に注力できることから、All in One SEO Packをお勧めします。」とお答えしています。

※お任せプラグインを使わない場合でも、xmlサイトマップ等必須の機能を比較的軽いプラグインで構成する必要があることを補足しておきます。

手動設定の良さ

スピード向上により閲覧者の見易さを向上させる。

後述するGoogleスピードチェックサイトで図った所、本サイトでは速度スコアが80点代から90点代に跳ね上がりました。

※選ばれたレンタルサーバの種類や、時間によっても誤差はあります。

検索順位1位になるために、膨大な稼働がかかってもよいから手動設定にトライしたいという方は、All in One SEO Pack アンインストールでどれだけスピードが向上するかをチェックしてみてください。

ソフトのインストールなどのパソコンのカスタマイズ調整が趣味の方は、楽しみながらサイトスピード向上を図ってライバルサイトを出し抜くのも不可能ではありません。

※あくまで、お勧めはAll in One SEO Packを主プラグインにして、コンテンツ制作に稼働集中させることです。

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す