離脱ページ確認

ここでは30ページを超えたあたりから必要になる、サイト改善手順について説明します。サイトを少しブラッシュアップして、検索エンジン上位に顔を覗かせる取り組みをしていきましょう。

閲覧者の離脱ポイントを知る

まずは、あなたのサイトのどこが離脱ポイントとなっているかを、知りましょう。

閲覧者は検索エンジンやSNS、ブックマークしていたトップページ等からアクセスしてくれます。

しかし、前述したGoogleコンソールでの検索エンジン順位分析は、あくまで「初めての閲覧者が検索エンジンで検索した時の検索順位と、表示された検索結果を見て閲覧者がクリックしたかどうか」だけしかわかりません。

SEOstep2(検索順位の確認)

では、実際に閲覧者がサイトに入った後、どんなページを見て、どこであなたのサイトから離脱したかを見てみましょう。30ページもできたこの時期に見ると、色々と面白いことがわかりますよ。

まずは、Googleアナリティクス環境を整えましょう。

Googleアナリティクスにログイン

以下のアドレスからGoogleアナリティクスにログインしましょう。

Googleアナリティクスへログイン

アナリティクスのトップ画面の右上にあるログインボタンを押しましょう。

以前、Googleコンソールにログインした時と同じように、まずは、Googleアカウント認証があります。

※以前にもお話ししましたが、サイト運営にはGoogleの様々な無料ツールを有効活用するのが必須なので、1つはアカウントを作っておきましょう。

もし、Googleアカウントをお持ちなら、そのアカウントIDとPWを入力してログインしましょう。

Googleアナリティクスに無料登録

次に、Googleアナリティクスにログインすることで、あなたのサイトを識別するためのコード(トラッキングコード)を付与してもらいます。

画面の案内の通り3ステップを進めれば、それほど難しくありません。

①3ステップを案内する画面右側の「お申し込み」を押下しましょう。

②続いて、あなたのサイト情報を設定します。

 
・アカウント名  あなたが後で識別しやすいように決めましょう。

※後から変更も可。必ず記録しましょう。

・ウェブサイト名  サイトのタイトルと同じでいいと思います。

※後から変更も可。

・ウェブサイトのURL  あなたのサイトのアドレス

※URLの最後のスラッシュ「/」は入力不要です。

・業種  あなたのサイトに一番近いものを選びましょう。

※サイトの目標テンプレートが若干変わるだけで根幹機能は一緒なので、あまり悩まないでOKです。

・レポートのタイムゾーン 日本で設定

・データ共有設定 推奨のままでOKです。

③ 「トラッキングIDを取得」をクリック

④「Googleアナリティクス利用規約」が出てきます。

「日本」に変更設定して日本語にしてから内容を確認の上、「同意する」をクリックします。

これでトラッキングIDをゲットできます。

表示されたトラッキングIDを、<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>から</script>までのプログラムコードの中で、id=「UAXXXXXXXXX」という記載を見つけて、「UAXXXXXXXXX」の部分をコピーして、まずは、自分のPC内のメモ帳などにトラッキングIDとして記録しておきましょう。

では、入手したラッキングIDを、自分のサイトに登録しましょう。

WordPressでのトラッキングID設定

All in One SEO Pack の場合

技術的なSEOに時間を使うのがもったいない場合によく使う、All in One SEO Packなら、WordPress左メニュー「All in One SEO Pack 」ボタンから「一般設定」⇒「Google設定」⇒上から6番目「GoogleアナリティクスID」にUA-から始まるトラキングIDを記録したメモ帳からコピーします。

(参考)SEO PACKの場合

SEO PACKの場合も、WordPress左メニューの「SEO PACK」⇒「一般設定」⇒「Googleアナリティクス」タブのページで「トラッキングID」欄に入力します。

※SEO PACKプラグインはAll in One SEO Pack プラグインの必須設定だけを実施することで、サイトの表示スピードを更に向上させるプラグインです。使うかどうかは、以下の「SEO対策の主プラグイン決定」ページを見てから使ってくださいね。

SEO対策の主プラグイン決定

Googleアナリティクスの使い方

トラッキングコード設定から約1日後に、あなたのサイトのアクセスデータが蓄積されて分析データとしてみる事ができます。

このアクセス分析は高額な費用で外注することもありますが、最低限自分でできる事もあります。

サイトアクセスの全体像

アナリティクスの左側メニューの「レポート」⇒「ユーザー」⇒「概要」(一番上)を選びましょう。

①ユーザ

上記期間中にアクセスした閲覧者数です。同一閲覧者は除かれます。

②新規ユーザ

上記期間中に新しく増えた閲覧者です。

③セッション

閲覧者がサイトにアクセスした回数です。

※セッションとは、「ユーザーがWebサイトを表示して、離脱するまでの一連の流れ」の事です。

④ユーザあたりのセッション数

一人の閲覧者が平均で何回アクセスしているかです。

⑤ページビュー

何ページ閲覧されたかです。

⑥ページビュー/セッション

閲覧者が1回のアクセスで何ページ閲覧したかです。

概要なので、全体として「閲覧者数が増えているのか」「閲覧者が1回のアクセスあたりで何ページ見てるか」を見るのに使いましょう。

各ページの離脱率チェック

さあ、いよいよ、あなたのサイトの離脱率チェックに移りましょう。

最初に言っておきますが、このアナリティクスを始めてみるときには誰でも惨憺たる状況です。ショックを受け過ぎず、かつ正面から事実を認識しましょう。

逆に、どのページをまず集中して改善すべきか教えてくれるものと前向きに捉えて、各ページの改善に生かしましょう。

見るべき点は、大きく3つです。

①集客ページは機能しているか

②途中で閲覧の流れを止めているページはないか

③各ページから離脱せずにサイトアフィリエイトページに届いているか

※サイトアフィリエイトページをまだ作っていない方も多いと思うので、③は今後どんなニーズのページを作るかの参考に見てくださいね。

集客ページは機能しているか

一番左がどこの国からのアクセスかを表していますので、その次の「開始ページ」の所をまず見てください。

これが現在のあなたのサイトの集客ページの状況です。

最初は全く機能していなくても大丈夫です。これから少しずつ修正すればいいのです。

想定の集客ページと現実の集客ページ

閲覧数の順位なども含めて、意外と別のページが集客ページになっていたりします。その際はあっさりと事実を認めて、実際に集客しているページを主にしましょう。

※頑張ってもなかなか集客ページになってくれないページも多いです。どうしてもそのページに飛ばしたいなら、既に集客ページになっているページからのリンクも考えましょう。

集客ページは最優先で手入れ

場合によっては、毎日手入れしましょう。それだけのメリットはあります。

離脱率とその後の流れを見てください。

もし、集客ページで50%の離脱率なら、あなたのサイトの50%の閲覧者は他のページを見ることなく(当然収益にもほぼならず)去って行ってしまうのです。

こういう方は恐らく二度と来ない可能性が高いです。

検証用でなく、収益化をめざすサイトであれば集客ページ(開始ページ)の離脱率は少なくとも80%以上になるまでメンテナンスを続けましょう。

主なページ改善内容

・広告をつけすぎていないか見直す

・視覚に訴える画像等を入れる

・ごちゃごちゃした説明はわかりやすく簡潔に

・長い文は短く分割

・てにおは修正

・可能ならデザインも修正

・最初のリンク先が出現する場所を早める(ページの上に上げる)

・その他、閲覧者の気分になって見やすいかを検証して、PDCAを繰り返す。

SEOの考え方(必読)

ページ改善の仕方は、検索エンジンでの上位表示で頑張った手順と全く同じです。

王道のSEO対策の時には、Googleコンソールで最低限検索エンジンに引っかかるようにページの見直しを頑張りました。

今回は実際に検索エンジンから辿って実際にページに来てから、内容を見て離脱しないように頑張りましょう。

もし、この段階で離脱率が低いページがあれば、それは前述の王道のSEO対策の時に、離脱防止の面でもしっかり対応できていたという事です。(実際、王道なのでやることは同じです。)

閲覧の流れを止める大量離脱ページ

1つ1つ閲覧者のために誠実にページを作っていれば、あまり起きないのですが、我々も人間です。

久しぶりの休みで1日に5ページも10ページもと欲張って、睡眠不足のなか荒い作業で作ったページ程、閲覧者は驚くほど敏感に反応します

30ページを超えたので、一度、急激に離脱しているページがないかチェックしましょう。

離脱があったページを見ると、ほとんどが「何となく理由がわかる」ものだと思います。

ページ自体を閲覧者のために修正したり、ページ構成や他ページからの流れを考え直したりしましょう。

※最終手段としては、そのページを飛ばして目的のページへ直接リンクを貼ったりして、流れを止めていた大量離脱ページを外すこともあります。しかし、外す手間も結構あるので、それなりに必要性を感じて作ったページだと自分を信じて、文献で知識を調べなおして、最低限他のページレベルまでもっていくのがお勧めです。

SEOの考え方(必読)

サイトアフィリエイトページへの流れ

わたしが推奨するブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトの融合の手法で一番大きな課題がこの項目です。

集客ページなどブログで集客した閲覧者を、離脱させずにしっかりとサイトアフィリエイトページへつなげる。

具体的には、以下の3点のアクションです。

①集客ページ(開始ページ)⇒最初の通過地点⇒2番目の通過地点⇒サイトアフィリエイトページまでのパイプを太くするために、このルートでの離脱者を限りなくゼロにする。

②集客ページ(開始ページ)からサイトアフィリエイトページまでのリンク短縮(納得性のある流れにした上で、直接リンクもありです。)

③他ページからサイトアフィリエイトページへのリンクを貼る。

<②③のリンクを貼る際に必ず考慮すべき点>

閲覧者があなたのサイトへ来た目的を果たした上で、無理なくスムーズに納得性のある流れが大事です。

この時に使う武器はやはり「社会的有益性」しかありません。

パイプを太くする途中ページの改善も、閲覧者に当初の目的を果たしてもらいつつ誘導する流れを作る時も、社会的有益性を意識して作りましょう。

王道を進んでいるからこそ一過性でない高収益につながる理由が、ここにあります。

※閲覧者の気持ちになってみましょう。無理やり騙されてサイトのページの先に進まされても、そこでお勧めされた商品・サービスを購入される可能性は低いでしょう。

色々な技を検証した結果、一番努力が報われて、効果的で、長期に収益につながるのか、閲覧者のために社会的有益性を提供する王道の方法です。

SEOの考え方(必読)

閲覧者増を支援するGoogleサービス

以上で、離脱ページの対処の説明は終わりですが、なかなかすぐに対処できるものではありません。離脱ページのメンテに飽きたら新ページを作り、新ページ作りに飽きたら離脱ページ対処でも良いかもしれません。自分のやりやすい方法でOKですので、一歩ずつ階段を上る快感を得られるまで、がんばって継続しましょう。

これらの対策は、最終的なサイトアフィリエイトのページ作成にも非常に役立ちます。

サイトアフィリエイト概要

ここでも、サイト構築の時と同じく、「スマホでは厳しくなってきた・・・」と相談される事が多いです。

不便と感じたら思い切ってモバイルWiFiルータを活用しましょう。

工事不要のモバイルWiFiルータ


投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す