Gutenbergのタイトル設定

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、ページごとのSEO対策として、タイトル・タグ・説明(ディスクリプション)、キーワードの設定方法を説明します。

ここは考え方というより処理手順の説明なので、簡潔にしますね。

タイトルの決め方

まず、一番大事なタイトルについては、書き方は一番簡単ですね。

WordPress左メニューから「投稿」⇒「新規追加」でページを作ろうとすると、まず最初にタイトルをいれるように促されます。

もう見慣れてきましたか?この画面で閲覧者ニーズや自分の書きたいテーマに沿って決めたタイトルを入力すればOKです。

ですが、どうタイトルを決めるか。これが問題です。

ちなみに、Gutenbergではタイトルは「H1」扱いになります。

「H1」見出しとは

「H1」って何?と思うかもしれませんね。

WordPressでは、見出しを大きいものから順にH1、H2、H3、H4・・・と付与していきます。

今までの流れで、記事の中で最初に設定していた見出しがすべてH2から始まったのを思い出してください。

※見出しを設定する画面は上のようなボックスでH2~H4を選べます。

つまり、H1は文中で使うことがなく、ずっと開けてありました。

というより既に、1番目の見出しタイトルとして使っていたという事ですね。

⇒つまり、タイトル⇒H2⇒H3⇒H4のようにタイトルは、各見出しをまとめた一番大きな見出しという意味もあります。自分のコンテンツ側から見れば、「H2見出しの集合体として代表した名前を付ければよい」となります。

タイトルに閲覧者ニーズを持たせる

タイトル設定もサイトの命運を左右することから、本人のセンスを発揮して決めるものではありますが、これまでのノウハウも踏まえて、例として1つ作ってみましょう。

例えば、あなたがノウハウ情報ブログを作る予定で、ブログテーマを「格安SIM」とし、狙いのキーワードの組み合わせを「MVNO 比較」にしたとします。

これは以下のページの通り、「1万~10万」の月間平均検索ボリュームであり、「格安SIM」ジャンルの中では比較的にビックワードに近いですね。

この時に、ブログテーマ「格安SIM」はカテゴリとして登録し、狙いのキーワード「MVNO 比較」の文字の組み合わせで、自分の書きたい内容を表すブログタイトルを決めることになります。

閲覧者ニーズだけを重要視して、「2秒でわかるMVNO比較!!」等とタイトルをつけるのか、実はあなたがmineoを売りたいと思っているとして、「MVNO比較でわかるmineoの安さ」等と3つ目の自分が導きたいキーワードを入れるのか。

このような葛藤は、アフィリエイターなら日常茶飯事でしょう。

いずれにしても、まずは閲覧者ニーズを重要視して、キーワードプランナーで検索キーワードの検索状況を確認して、その上で自分の書きたい方向性との折り合いをつけて、SEOに強い戦略的なタイトルに決めましょう。

次は、タグですね。

タグ設定について

タグはこのページが、どんなキーワードにヒットするページかを表します。

上記の想定される検索キーワードは必ずタグ設定しましょう。

ただし、あまり多すぎるタグ設定は検索エンジンから嫌われる傾向もあることをお忘れなく。タグは最大5つくらいで、一番大事なキーワードを入れることでよいかと思います。

タグは2つの設定方法があります。

①WordPress左メニュー「投稿」⇒「タグ」で記事を書く前に先にタグを作っておく。

⇒タグ1つ1つに英文字でスラッグというアルファベットで別名を付けるのに役に立ちます。

②記事一覧(下の画面)から各記事タイトルにカーソルを当てると出てくる。「クイック編集」というボタンを押して、編集する。

各記事にカーソルを当てると出てくる「クイック編集」を押すと・・・

上のような簡易編集画面になります。この右側にタグが設定できます。

ここに、自分が狙っている検索キーワードの組み合わせや、他に検索される可能性のあるキーワードを設定します。タグは「,(カンマ)」で区切ると複数設定できます。

説明(ディスクリプション)

このサイトはどんなことをかいてあるかな?と閲覧者が検索エンジンで検索した結果に「タイトル」とセットで出てくる説明書きです。

閲覧者の多くはこの「説明」に書かれている文章に惹かれて、自分が求める内容だと思ってサイトにやってきます。

その意味で、タイトルと同じく非常に重要です。

さて、ここはプラグインによって入力イメージが若干違います。

All in One SEO Packプラグインを使っている方は、上のWordPress記事一覧画面でも「タイトル」の横に「説明(ディスクリプション)」を入力する欄があり、一緒に管理できるので、結構便利です。

※この点はさすが All in One SEO Packプラグイン なのですが、検索順位1位2位でしのぎを削ることになると、なんでも入っているが故の重さが逆にスピード勝負で負けることになり、人によっては外して他で対応される上級者の方もいるでしょう。(初心者は外すことはお勧めしませんね)

All in One SEO Packプラグイン を外して、SEO SIMPLE PACKを入れた場合には、各ページの下段に以下のような入力欄が追加されます。

真ん中の「このページのディスクリプション」という欄が説明欄ですので、ここに説明を記載することになります。

どちらにしても、検索エンジンの結果でどのようなイメージで出るかを見て、何度も修正していく事になるでしょう。150文字以下で全文を表示させるのか、わざと途中で切らして先を想像してもらうのか等、これもセンスの部分でしょうね。

具体的にどんな検索キーワードをターゲットとすべきかについて、もう少し深く分析する方法を以下に記載しておりますので、こちらも参考にしてください。

検索キーワードとブログタイトル

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す