【KP】キーワード広告料

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告ニーズで広告料は高騰

キーワードプランナー表示画面の右の方にある金額は、広告を出した際の、最低額~最高額を表示しています。

この広告は実績払いなので、実際に閲覧者があなたのページを閲覧した場合にだけ費用が発生する良心的な仕組みです。

車の場合、「オークション」や「下取り」といった取引に直結しそうなキーワードが比較的高い金額を付けている事がわかります。

サイトを立ち上げた最初の頃は、どのキーワードが人気か、そして、どのキーワードが収益に連動しやすいかを把握するのに、金額欄も役立つでしょう。

数年たって収益も十分ついてきた頃になると、「ある程度は費用を使わないと結局、税金で大きく持っていかれるだけ」という状況になります。

その時には、有益な費用の使い方として、キーワードプランナー広告があることをぜひ、思い出してください。

検索ボリュームと収益

2019年の始めには、「車」が10万~100万という大きな検索ボリュームがあるにも関わらず、72円~199円の非常に安価な広告設定になっていました。

●キーワード「車」

・検索ボリューム:10万~100万

・広告費用:72円~199円

●キーワード「車 下取り」

・検索ニーズ:1000~1万

・広告費用:999円~2121円

これは、ビックワードであっても、必ずしも商売に結び付くとは限らないという事です。

「車」はレジャー等色々な要素を持つ為に、ビックワードであっても閲覧者ニーズがバラバラ過ぎて、「車 下取り」の方が閲覧者をより絞り込めていることからアフィリエイトサイト運営上はニーズが高いと言えるかもしれません。

※車で検索して来た人がいくら多くても、雑多すぎて上手く自分が希望する方向(例えば下取り等)まで離脱されずに引っ張っていく事が難しいのかもしれませんね。

そう考えると、検索ボリュームは一般の閲覧ニーズの高さの一面を表し広告料金はアフィリエイト競合ライバル状況の一面を表すといえるでしょう。

両方の数値と実際に検索して表示されるサイトを見て、自分がどこで勝負するかを決断する必要があることが分かります。

※広告料金の高さも、アフィリエイト素人が何もわからずに高額で広告を打っただけかもしれません。

それなら、一番目に表示される広告サイトから他のサイトに閲覧者が多く流れる可能性もあり、意外と狙い目のキーワードになります。

検索キーワードとブログタイトル

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す