検索キーワードとブログテーマ設定

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、googleにより日々、どのようなキーワードで検索されているかを紹介します。

また、ブログで閲覧者ニーズのあるテーマを選ぶ方法も併せてご説明しますね。

キーワードランキング

閲覧者ニーズは、検索エンジンでの検索回数に現れます。

検索エンジンで今どのようなキーワードがどの程度検索されているかを知ることで、競合の多さ等市場動向がわかり戦いやすくなります。

具体的には、自分のサイトを検索ヒットしてもらうのに最適なキーワードは何かを、市場ニーズのボリュームや、競合状況から分析することができるのです。

※調べるには、キーワードごとに広告を出すことができる「Googleキーワードプランナー」サイトへの登録が必要ですが、ここでは、登録前の方にも中身がわかるように少し紹介しますね。

「ダイエット」でGoogleのキーワードランキングを検索した場合、単独のキーワードだけでなく、「運動 ダイエット」のように「運動」と「ダイエット」の間に空白がある2つのワードの組み合わせも上位にいます。

実際に検索エンジンを使う事を想像してみてください。「そう言えば、2つのキーワードを組みあわせて検索することも多いなあ。」と気づかれることでしょう。

月間平均検索ボリューム

キーワードプランナーの月間平均検索ボリュームを見れば、月にどの程度検索されているかが分かります。

さすがに、アフィリエイトでも大人気キーワードの「ダイエット」は10万~100万の検索回数となっています。

このキーワードで1位を取ったサイトは、とんでもない月間アクセス数になっているはずですね。

もし、100万人の検索者の20%が1位サイトを閲覧したとすると、20万人/月のアクセスとなります。

※1位は平均で20%程度のクリック率と言われています。

さらに、そのサイトの各ページの広告クリック率が2%のバナー広告を10個程置いていたとして、googleアドセンス等のクリック広告単価20円/回で試算すると、20万人×0.02×10個×20円=80万円になります。

※他のページへの回遊やSNSからの流入の増加要因や、直帰率による減少要因もあるので、あくまでイメージしやすいための試算です。

ダイエットという1つのキーワードだけで、これだけの破壊力があります。

ただし、このようなビッグワード(大きな検索回数のキーワード)で上位を取るのは、ご承知の通り、至難の業でしょう。

そのため、最初はもっと下位のキーワードの組み合わせから、自分が説明ページを作れるものがないか探してみましょう。

その上で、キーワードの組み合わせにマッチしたブログの「タイトル」「ディスクリプション(説明)設定」「タグ設定」を行うことになります。

競合

キーワードプランナーの「競合」の項目は、対象の言葉が現在どの程度広告ニーズがあるかを表しています。

ただし、この競合状況だけではあくまで参考情報にしかなりません。

というのは、過去に競合が高いキーワードでもあっさり上位に入れる事もあれば、競合が低いキーワードでも全く上位に上がれないものもあるからです。

これは対抗している相手が少数でも強い場合もあれば、多数でも弱い場合もあるということです。

この競合状況を生かすためにも、実際のライバルサイトの出来映えと合わせてみると実際の市場がよくわかります。

※内容によっては、競合しているからこそ、そこに収益性が生まれる面もありますよね。

競合も踏まえて、どのキーワードに取り組むかも、あなたのセンスかもしれませんね。

広告の入札価格

広告の入札価格についても、多くの方が入札希望があれば高くなる意味で、高いほうがサイト構築者側のニーズが高いと言えるでしょう。

競合と同じような面があり、これも一概に低いから攻めやすいとも言えません。

実際に検索して表示される広告サイトが本当に強力なライバルか見極めましょう。

たとえ、広告で一番目に表示されても、内容がスカスカなら閲覧者は10秒程度で離脱します。

高額な広告設定でもスカスカサイトなら他への流動が期待できるので、逆に狙い目と考えるアフィリエイターも多いです。

各ブログのタイトル検討

まずは、一番最初に説明した月間平均検索ボリュームを元にして、狙うべきキーワードの組み合わせを洗いだし、ブログやサイトのタイトル等を決めていくのがスムーズで良いかなと思います。

また、体験共感ブログとノウハウ情報ブログでは、アプローチの優先順位が違う事を説明したと思いますので、以下に具体的な違いを補足しておきましょう。

体験共感のテーマ

①まずは、ご自分の話せる体験を2~3個かき出し、それに関連するキーワード状況を調べてみましょう。

②それぞれ、検索ニーズとして攻めやすそうな検索キーワードの組み合わせを10個程度選びます。

③書き出した検索キーワードの組み合わせを見比べて、一番、自分が話しやすそうな体験を1つ選びます。

④さらに、選んだ体験の10個のキーワードをどの順番に話をするか決めます。

⑤話をする順番が決まったら、その順番通りにブログに落としていき、そのタイトルには必ず検索キーワードの組み合わせワードがすべて入るタイトルにします。

※ただし、同じキーワードが重複設定にならないように気を付けてください。ペナルティの危険があります。

⑥タイトルが決まったら、そのタイトルを補足する説明(ディスクリプション)、タグを設定します。※詳細の設定方法は以下のページで説明しますね。

Gutenbergのタイトル設定

以上が、体験共感ブログのテーマの決め方です。

ノウハウ情報のテーマ

①まず、一番閲覧者の反応が良さそうなノウハウや情報を、Googleキーワードプランナーを使って、調べまくります。

少なくとも1時間以上はかけて、関連ある検索キーワードのグループを10個は選びましょう。

(例)「格安SIM おすすめ」「格安SIM 値段」「格安SIM 登録方法」・・・等、10個のグループは同じ「格安SIM」という内容でまとめられるような関連グループを見つけましょう。

必ずしも、キーワードの1つを同じ名称にする必要はありませんが、10個のグループがある程度の密接な関連は必要です。

※格安SIMの検索キーワード順位ランキング状況は、下記リンク参照。

ノウハウ情報の場合の選ぶポイントは、自分の話しやすさよりも、単純に月間平均検索ボリュームを見て選ぶ方がよいかもしれません。

②選んだキーワードの組み合わせを、それぞれインターネットでサラッと実際に検索して、ライバルがどんな事を書いているか見てみます。

③ライバルサイトを20サイト程見た後、「この説明が必要なハズだけど、どこにも掲載してないな」という点に気づいたら、それを図書館などを活用して専門書で徹底的に調べてパソコンの前に集めます。

※これがあなたオリジナルのキラーコンテンツになり、社会的有益性を生み、他のサイトと一味違う点(あなたのウリ)になります。

④ここで「社会的に有益性・・・」とつぶやきながら目を閉じて、あなたが文献の力を借りて、ほぼ日本一の専門家になった事例について、思い浮かべましょう。

⑤そして、「誰が」「どんな場面で」「いつ」「どう困るか」を整理して、事前に「何を」「どのようにすれば」「その問題を解決できるか」さらに、「もし、問題が起きてしまった後の対処方法」についても、併せて整理しましょう。

⑥次に、それを幼稚園の子供でもわかるように「できるだけわかりやすく」、「整理された順番に」ブログに入力していきます。

※キラーコンテンツが書けた後は、それに関連するコンテンツとして他のライバルサイトが触れている事を載せてもOKです。

ただし、ライバルサイトが正しいとは限りません。必ず、自分の目で専門文献などを見て記事にしていきましょう。(恐らく、驚くほど世のブログがいいかげんであることに気づくでしょう。)

⑦あとは、体験共感ブログと同様に、検索キーワードの組み合わせを「タイトル」「説明」「タグ」に落とし込んでいくだけです。

Gutenbergのタイトル設定

人気の検索キーワード紹介

では、いくつか主要なキーワードを元に、検索キーワードの選定ノウハウについて補足しておきますので、一通り見て市場調査に慣れておきましょう。

検索キーワード(コスメ)を題材に関連キーワードを説明

検索キーワード(格安SIM)を題材にテーマの具体化を説明

検索キーワード(婚活)を題材にロングテールテーマを説明

検索キーワード(車)を題材に広告料の見かたを説明

検索キーワード(スマホ)を題材に検索ボリュームを説明

上記のノウハウを見るだけでも、キーワードプランナーの機能が非常に役に立つ事が良くわかると思います。

最終的に自分でブログ等のタイトルを作る際には、料金が発生しないように気をつかう必要はあるとしても、やはり、Googleキーワードプランナーに正規に登録して、色々なキーワードを調べることをお勧めしておきますね。

Googleキーワードプランナー利用登録手順

キーワードプランナーを参考に適切なキーワードを見つけた後には、以下のサイトの説明に沿って、実際にアフィリエイトサイトを作ってみましょう。

アフィリエイトの始め方

サイトの検索順位を簡単に把握できるツールを、以下のページで説明しています。

検索順位把握ツールGRC

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す