レンタルサーバの必要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここではなぜレンタルサーバとの契約が必要となるか、いくつかのポイントに分けて説明します。

まずは、独自サイトにすべき理由を、将来性・継続性を考慮して説明します。

独自サイトと一般ブログサービスの違い

将来性

一番重要な点は、将来性ですね。

つまり、一般のブログサービスでは、あなたが努力して多数の方に受け入れられる優良なブログコンテンツを作ったとしても、「一般の閲覧者がブログがあることに気づかない」状況の改善が難しく、ブログの閲覧数の増加が頭打ちになりがちな点です。

一般ブログサービスでも優良なブログであれば、多くの優良ブロガーとの出会いの中でメジャーなブログとして推薦されて口コミで認知が広まることや、幸運によりブログで扱っている内容や記事が非常に世間の注目を集めることもあるでしょう。

しかし、それらの注目があったとしても、現在のインターネットのブログの広まり方の主流である検索エンジンを介した閲覧性の向上(または低下)を考慮しなければ、すぐに何億とあるブログの1つとして埋没されてしまう可能性が高いです。

検索エンジンでの閲覧性を向上(自分のブログを上位に表示)させる改善を、SEO(検索エンジン最適化)と呼ばれます。

簡単に言えば、閲覧者が見やすいと感じるサイトを作ることで、検索エンジンも安心して紹介でき(上位に表示)、より多くの閲覧者の目に留まり、将来的な収益性が次第に拡大していくという流れです。

①閲覧者が見やすいと感じるサイトを作る。

②検索エンジンが安心して紹介できる。(上位で表示される。)

③多数の閲覧者の目に留まり、サイトの収益性が拡大する将来性のあるサイトとなる。

ここで大事な①と②に、「独自サイトと一般ブログサービスの違い」は大きく関わります。

一般ブログサービスは簡単に始められる反面、個別のカスタマイズには当然ながら限界があり、すぐに他の何億のブログの1つに埋没しやすいです。

一方で、独自サイトであれば、様々な無料の検索エンジン対応ツールを簡単に導入することで、閲覧性の不備が改善され、より選ばれやすいサイトに工夫の余地があります。

大きな収益を考えるなら、将来性の面では、独自サイトと一般ブログサイトは比較対象になりません。

継続性

一般ブログサービスの免責事項をよく読んで頂くとすぐに気づかれると思いますが、無料だけでなく有料のブログサービスであってもサイトの継続性は非常に脆弱と言わざるを得ません。

ブログサービスを提供している会社のさじ加減(設定変更、バージョンアップ、サービス内容変更、著作権方針変更、新規格適用)で、今まで作り貯めたブログの閲覧性が非常に悪くなったり、動かなくなったりする危険があります。

しかも、それらの継続性の問題に対して、無料や安価なサービス料金であればあるほど、利用者側は異議を唱えることができません。(唱えたとしても、異議が通ることはほぼ無いように思います。)

また、ある程度、インターネット業界で信頼性がある会社の提供でなければ、他社との競合により収益が悪化したという理由等で、撤退されてしまう危険も考慮しておく必要があります。

⇒以上から、本気でアフィリエイトをするにも、何となくアフィリエイトを始めるにも、「長期収益サイトで自己実現」サイトでは「独自サイト構築」を断然お勧めします。

コンテンツを制作できるようになるまでの手間

これは最近の技術革新のすさまじさにより、数年前とは全く環境が違います。

様々な契約処理・設定処理がスムーズになっているので、それをまとめた本サイト「一本道のアフィリサイト構築」を活用すれば、速い人なら1時間程度で構築まで出来てしまいます。

長らく多くの収益を生むかもしれない環境設定として考えれば、恐ろしく簡単になったと言えるでしょう。(実質、ブログ数本を書くより簡単かもしれません。)

どれだけの設定がいるかについては、本サイト「一本道のアフィリサイト構築」の各手順を実際に見ていただければイメージしやすいと思います。

過去は1つ1つ慎重に調べて判断がいる作業でしたが、選ぶべき内容や設定も含めて記載し、画面遷移も付けていますので、簡単な作業の繰り返しで構築が完了している事でしょう。

なお、このサイトが簡単に作れたのも、2018年12月にリリースされたWordPress 5.0のパワーです。

WordPress 5.0の革命的な出現と2019年からWordPressを始める方が大チャンスである事についても、本サイトで紹介しています。

これこそ何十年に一度のワクワクするような歴史的革命なのですが、順を追って理解していく必要があるので、後述することとしましょう。

技術革新は本当に素晴らしく、ある意味恐ろしい・・・

では、独自サイトを作るべきという所まできたので、次はどうやって作るかの仕組みを簡単に説明しますね。

独自サイトのためのレンタルサーバ登録

<独自サイトの構成までの流れ>

 独自サイトは、以下の3つの作業で作れます。

①レンタルサーバ登録 

 あなたの大切なブログ内容を、ネット上で保管する場所を確保する作業

 つまり、本テーマ「なぜレンタルサーバが必要か」 の答えとしては、「独自サイト構築のためにブログ内容の保管場所を確保するため」です。

独自サイトの必要性がわかれば、理解は各段に早いと思います。

②独自ドメイン登録

あなたの大切なブログをインターネットのどこに置くかを決める作業

③WordPressインストール

あなたがブログを簡単に作るための世界的標準(無料)ソフトの設定作業

※これに、ゆくゆくはSEO(検索エンジン最適化)対策優良コンテンツを作るの2つが組み合わさって、最終的にあなたのブログを「長く収益を生む資産」として成長させるのですが、まずは最初の上記①~③の3つの手順で独自サイトを作り上げることになります。

1.レンタルサーバ登録へ戻る

ヘテムルサーバを選ぶ理由

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す