ムームードメインを選ぶ理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、日本有数のドメイン「ムームードメイン」の良さについて、説明します。

GMOグループ会社の提供

まず大きなポイントは、インターネット創成期から日本のドメインサービスを支えてきた最大手で信頼感のある、GMOグループ会社の提供するドメインサービスです。

しかも、高速安定のヘテムルサーバと非常に連携しやすいサービスとして提供されています。

他にも「非常に安価」「設定作業が非常に簡単」等、いろいろと良さはあります。

中でも重要なのが、必須と言ってもいい「 WHOIS情報代理公開サービス 」の無料提供です。

よくドメインの提供価格だけで比較しがちですが、必須のサービスで追加費用がかかる提供会社があることに注意してください。

ムームドメインは上記の代理公開サービスが、2019年1月現在、無料で提供されます。

この事から、「WHOIS情報代理公開サービス込みで、一般的な「.com」ドメインを取得する」という条件で比較すると、結果的にムームードメインがお買い得です。

では、 WHOIS情報代理公開サービスとは、いったい何でしょう?

WHOIS情報代理公開サービスとは

インターネットのコンテンツを提供する際には、最低限の情報を公開するよう義務付けられています。

これはサイトを閲覧する側が安心してサイトを見れるための、サイト運営者の義務です。

しかし、そのために私たちが自分の個人情報を公に公開するのは大きなリスクですよね。

独自サイト構築を試みる方は、この制度を見て断念する方もあるようです。

しかし、WHOIS情報代理公開サービスを知っていれば、しかも、それを無料で標準提供してくれるムームードメインを知っていれば、さほど難しくありません。

名前からお気づきの通り、このサービスはドメイン提供会社が情報公開を代行してくれるので、自分の情報を公開する必要はありません。

サイト運営者にとって、非常にありがたいサービスですね。

また、ドメイン提供会社を同じ条件で比較する上で出てきた「.com」ドメインについて補足説明しておきます。

「.com」ドメインとは

・全世界でどんなサイトにも使える「一般的」で「有名な」ドメイン

「世界で一番登録数の多い」ドメイン

※2019年2月現在、.comのドメインシェアは71%で2位以下は10%もありません。

以上の2点だけでも、「ふーん。じゃあ良いドメインなんだ。」という声が聞こえてきそうですが、良いドメインには大きなメリットがあります。

誰かが取ると利用できない事から、インターネット上の商売場所であるドメインも当然の事ながら有限です。

その分、人気のあるところは高価なだけでなく、持っているだけで信頼が生まれます。

例えば、日本の土地で言えば、商売上大きな利用価値がある土地(例えば日本一地価の高い銀座二丁目)は非常に高価です。

その土地をあなたが持っているだけで、「お金があるんだな。」「しっかりした会社なんだな。」「ちゃんと事務所にお金をかけて、これから長期間事業をしようとしているんだね。」という信頼感が生まれやすいです。

それと同じく、インターネット社会でも、ちゃんと独自ドメインを取得して、さらにそのドメインが「.com」ドメインであれば、一般の閲覧者や検索エンジンから一定の社会的信頼感を得ることができます。

では、ムームードメインで、あなただけの「.com」ドメインを獲得する手順にすすみましょう。

2.独自ドメイン登録へ戻る

投稿者:

よしくん

楽観主義者で明るく前向きな性格。挑戦するのが好きで、WordPress 5.0も、早くからに取り入れました。(^-^)

コメントを残す